CATEGORY

  • 2021年11月7日

リア充じゃなくても問題ない。オードリー若林正恭『ナナメの夕暮れ』は人付き合いが苦手な人ほど読んでほしい一冊!

オードリー若林氏が雑誌「ダ・ヴィンチ」での連載に、大幅に書き下ろしエッセイを加えた、ナナメの夕暮れを読みました。 人見知りや人付き合いが苦手な人にとっては無茶苦茶頷ける内容でしたので、一部ご紹介していきます。 ナナメの夕暮れ 内容紹介 オードリー若林 […]

  • 2021年10月26日

『探偵の探偵シリーズ』全作品のネタバレ感想文!暴力に対して機転で対応する女性版ハードボイルド作品|松岡圭祐

読みやすくて優しめな物語を書いている印象の松岡圭佑さんが、比較的ハードな作品を描いているシリーズがある。 北川景子さん主演でドラマ化もされいている人気作になっている『探偵の探偵シリーズ』だ。 以前から気になっていたものの、なかなか手に取るに至らなかっ […]

  • 2021年10月26日

古き良きは古いだけ?朝井リョウ『ままならないから私とあなた』を読むと価値観が揺さぶられてしまう-感想文

読むたびに傷ついたり嫌な気持ちになることはわかっているのに、懲りずに読んでしまう朝井リョウの作品たち。 朝井リョウ作品の多くは、人間の感情を言語化して説明し、読者へ一歩ずつ詰めていく。そして逃げられなくなったところで、至近距離から大声で人間の “矛盾 […]

  • 2021年10月14日

渡辺淳一【鈍感力】感想:気分の浮き沈みが激しい人やメンタル弱い人に勧めたい《鈍感》でいることの楽さ

だいぶ前になるが、渡辺淳一氏の【鈍感力】を読んだ。 内容紹介 シャープで、鋭敏なことが優れていると世間では思われているが、本当にそうなのか!?医師としての経験や作家としての眼差しを通じて、些細なことで揺るがない「鈍さ」こそ、生きていく上で最も大切で、 […]

  • 2021年10月14日

髙田郁『花だより みをつくし料理帖 特別巻』ネタバレ感想文|泣いて笑って感動できるシリーズ待望の後日談はいけねぇよう!

『みをつくし料理帖』という時代小説がある。   時代小説というと、 「読みにくい文章で書かれているんじゃないか」 とか、 「おっさんやおばさんが読むような作品なんじゃないか」 とか、若い年代からはネガティブな印象を持たれることが多いジャンル […]

  • 2021年9月22日

【体験談】U-NEXTは本当に無料!?口コミとTVで見る方法まで!

U-NEXTの無料トライアルはどんな感じ?映画やアニメは全て無料なの? 見放題作品が14万本以上と断トツのラインナップ数! しかも31日間も無料トライアル(お試し期間)があって解約も簡単だというU-NEXT! 登録時に無料にも関わらず600ポイントも […]

  • 2021年9月2日

辻村深月『ゼロハチゼロナナ』感想文:両親は選べないが共に過ごす友達は自分で選ぶことができる

先日、『スロウハイツの神様』を読み終えてすぐ、同じく辻村深月の『ゼロハチゼロナナ』を手に取った。スロウハイツを読み終えたあとの温かな感動と爽快感が忘れられずに、同じく辻村作品を読むことにしたのだ。ところが、その安直な行動で僕は大いに傷ついた。 この『 […]

  • 2021年9月2日

辻村深月『青空と逃げる』ネタバレ感想文|青空とは何のことを言っているのだろうか?

辻村深月『青空と逃げる』を読んだ。 重苦しい読書感覚を味わうも、爽やかで前向きな結末のこの作品は、読み終わった後の余韻が実に気持ちいい。 感覚的には同じく辻村深月の作品である、 『島はぼくらと』 に近い気持ちよさと言えば伝わる人には伝わるかもしれない […]