CATEGORY

  • 2022年3月31日

湊かなえ『少女』感想文:映画化もされたイヤミスは表と裏の二つのテーマで楽しめる傑作!

ミステリーの世界には『イヤミス』と呼ばれるジャンルが存在する。読後感の悪い嫌な後味のミステリー、略して『イヤミス』だ。決して『いやらしいミステリー』の略ではない。もちろんそのジャンルも存在して欲しいが。 そんなイヤミスの女王と呼べる作家が湊かなえなの […]

  • 2022年3月30日

図書館の魔女の続編は焦らしプレイが長すぎるけどやっぱり名作『図書館の魔女 烏の伝言(からすのつてこと)』-高田大介

「マツリカとキリヒトが全然出てこないじゃないか!」 と、読んだ多くの方が思ったであろう感想を一番初めに書いてみた。この『図書館の魔女 烏の伝言(からすのつてこと)』は、前作『図書館の魔女』の続編にあたる作品だが、前作を読み終わった流れでそのまま読んで […]

  • 2022年3月28日

弱ってる女を看病したいフェチにおすすめしたい『病弱探偵』感想文 -岡崎琢磨-

多くの岡崎作品の特徴と言えば、作品全体をひっくり返すような大きなどんでん返し。 同氏の作品である『珈琲店タレーランの事件簿』シリーズや『季節はうつる、メリーゴーランドのように』などは最後の場面でくるりと視点を変え、今まで見えていた景色を激変させる文章 […]

  • 2022年3月28日

米澤穂信『リカーシブル』感想文:苦味のある青春小説とミステリーの融合は米澤穂信の得意分野

米澤穂信の青春作品は “苦味” に溢れている。 同氏の作品である『ボトルネック』『さよなら妖精』『追想五断章』などの長編たちは、書きようによっては爽やかで明るい結末を迎えさせる事も出来るはずなのに、敢えて主人公の内面の葛藤や、無力感を浮き彫りにするよ […]

  • 2022年3月28日

大人に向けた恋愛小説【15作品】甘いだけではないラブストーリー

出会いは最悪だったけど、一緒に過ごしているうちに気が付けばアイツのことが好きになっていた!?世界で一番ありえないけどちょっぴりキュートな恋がいま走り出す!? といった軽いタッチの恋愛が描かれている小説も良いのだが、やはり大人になると恋愛の爽やかな面だ […]

  • 2022年2月5日

毒見師イレーナの続編『イレーナの帰還』感想文|魅力的なツンデレおじさんになり損ねたカーヒルがクソダサい件について|マリア・V・スナイダー

前作『毒見師イレーナ』はそれはそれは面白い作品だった。 生死をかけたギリギリの緊張感 間一髪を生き延びるカタルシス ヴァレクとのロマンチックな恋愛描写 それらの要素が絶妙なバランスで混ざり合い、読み手を飽きさせないストーリーが展開する。読み手の誰もが […]

  • 2022年2月2日

石原慎太郎『太陽の季節』よりも本仮屋ユイカの方が純文学である

『天才』石原慎太郎 本仮屋ユイカがMCを卒業してから少しだけ心が離れたとはいえ、王様のブランチの文芸書ランキングを僕は良く見る。 本仮屋ユイカのかわいい笑顔と愛くるしい目。そしてあの優しい本の感想が聞けなくなったとはいえ、王様のブランチの文芸書ランキ […]