【日本の昔話】浦島太郎(うらしまたろう)

民話・昔話・童話
スポンサーリンク

浦島太郎(うらしまたろう)

むかし、むかし、あるところに浦島太郎という心やさしい漁師が住んでいました。

ある日、浦島太郎は海に魚を捕りに行きました。

浜辺では子供たちが遊んでいました。

よくみてみると、子どもたちは一匹の小さな亀を棒でつついて、いじめていました。

浦島太郎は言いました。

「これこれ、かめをいじめたらかわいそうだよ。はなしておやり」

そう言って浦島太郎は子どもたちから亀を助けてやり、海に帰してあげました。

翌日、浦島太郎がいつものように魚釣りをしていると大きな亀が海から出てきました。

「浦島太郎さん、昨日は私の坊やを助けてくれてありがとう。お礼に竜宮城へご案内します。」

大きな亀は、昨日助けた亀のお母さんのようでした。

「竜宮城へつれていってくれるのかい。それなら、少し行ってみようか。」

浦島太郎はさっそく亀の背中に乗って海の中に入っていきました。

海の中はとてもきれいで、上にはキラキラと輝く水面、下にはさんごがゆらゆらと揺れています。

竜宮城はさんごに囲まれ、魚が泳ぐ、それはそれは美しいお城でした。

「浦島太郎さん、亀を助けてくれてありがとうございます。どうかごゆっくりしていって下さい。」
竜宮城には乙姫様というお姫様がいて、それはそれは美しいお方でした。

「さぁさぁ、美味しいごちそうがありますよ。」
乙姫様はたくさんの豪華な料理をごちそうしてくれました。

「私たちの踊りを見て」
タイやヒラメやタコなどの魚たちが、楽しそうに踊りだし、太郎に披露してくれました。

「一緒に歌いましょう」
真珠貝が素晴らしい歌声を聞かせてくれました。

竜宮城は夢のような場所で、浦島太郎は時間のたつのも忘れて楽しみました。

楽しい毎日はあっという間に過ぎていきます。
数日が過ぎ、浦島太郎は村のことやお母さんのことを思い出し、ついに別れの時がやってきました。

「もう7日も竜宮城にいたので、そろそろ家に帰ります。ありがとうございます。」
「まぁ、もう帰ってしまわれるのですか、残念です」

別れぎわ、乙姫様は浦島太郎に箱を手渡しました。

「いつまでも、ここにいて欲しいのですが、しかたありません。では、この玉手箱を持っていってください。でも、この箱は決して開けてはいけませんよ」

浦島太郎は乙姫様に玉手箱を貰って、亀の背中に乗って村に帰りました。

村に帰った浦島太郎は、なんだか様子がおかしいことに気が付きます。

どうしたことか自分の家もお母さんも見つけられず、村もすっかり変わっていました。

どういうことか、竜宮城で楽しく過ごしている間に、何百年も経ってしまったのです。

浦島太郎はどうしたらよいかわからなくなってしまい、乙姫様との約束も忘れ玉手箱を開けてしまいました。
すると白いけむりが出てきてきました。

モクモクモク。

けむりを浴びた浦島太郎は髪もヒゲも真っ白になり、あっという間におじいさんになってしまいました。

~おしまい~

コメント

タイトルとURLをコピーしました