【日本の昔話】かさ地蔵

民話・昔話・童話
スポンサーリンク

かさ地蔵

むかしむかし、ひと里離れた山の奥に

貧乏だけど心優しい、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

ある年のおおみそかに、
おじいさんとおばあさんは、二人で笠(かさ)を5つ作りました。

「よし出来た。おじいさん、今夜は雪になりますから、気をつけて売ってきてくださいね」

おじいさんは笠を売るために町にでかけました。

しかし、笠はひとつも売れませんでした。

おじいさんは吹雪になりそうな気配がしたので、
笠を売ることをあきらめ家に帰ることにしました。

雪はだんだん激しくなってきます。
おじいさんはせっせと道を急ぎました。

吹雪の中の帰り道、おじいさんは6体のお地蔵さまをみつけました。お地蔵様は頭にも肩にもに雪をかぶって、なんとも寒そうです。

これを見たおじいさんは、そのまま通り過ぎる事が出来ませんでした。

「お地蔵さま。雪が降って寒かろうな。せめて、この笠をかぶってくだされ」

おじいさんはお地蔵さまに、売るつもりの笠をかぶせてやりました。

でも、お地蔵さまは6体なのに、笠は5つしかありません。

そこでおじいさんは自分のかぶっていた手ぬぐいをかぶせてあげました。

家へ帰ると、おばあさんがびっくりして言いました。

「あらまぁ、おじいさん雪まみれじゃないか、かさはどうしました?」

おじいさんは、お地蔵さまのことを話してやりました。

「まあまあ、それは良い事をしましたねえ。」

おばあさんは、ニコニコして言いました。

その晩のこと、ズシン、ズシンという音が遠くから聞こえてきました。

音はどんどん近づいて、とうとうおじいさんの家の前まで来ると、
ズシーン!
と、何かを置く音がして、そのまま消えてしまいました。

おじいさんとおばあさんはそっと外をのぞいてみました。

すると、おじいさんのあげた笠をかぶったお地蔵さまの後ろ姿が見えました。
一番後ろのお地蔵様はおじいさんの手ぬぐいをかぶっていました。

そして家の前には、米俵などの贈り物が置いてありました。
こうして、二人は楽しいお正月をむかえることができました。

~おしまい~

コメント

タイトルとURLをコピーしました