【日本の昔話】桃太郎

民話・昔話・童話
スポンサーリンク

桃太郎

むかし、むかし、ある所におじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山へしば刈りに、おばあさんは川へ洗濯に毎日行っていました。

ある日のこと、おばあさんがいつものように川で洗濯をしていると川上から大きな桃が

どんぶらこどんぶらこと流れてきました。

「おや?なんと大きな桃じゃろう!家に持って帰ろう。」

おばあさんは桃を担いで家に持って帰りました。

おばあさんは、家でおじいさんの帰りを待ちました。

「おぉ、今帰ったぞ」
「おじいさん。待っておったで、早くあがりなされ」

「どうしたんじゃ?おばあさん」
「今日、川で洗濯していたら大きな桃が流れてきての、じいさんに食べさせたいと思って拾ってきたんじゃ」

2人はその桃を割ろうとしましたが、なんと桃の中から男の赤ん坊が出てきました。

「おっとたまげた。」
「なんと可愛いらしい赤子じゃ。」

おじいさんとおばあさんはとても驚いたけれども、大喜びです。

2人は桃から生まれた子どもを、桃太郎と名付けて育てることにしました。

桃太郎はあっと言う間に大きくなり、力持ちでかしこく心のやさしい立派な男の子になりました。

ある日、桃太郎は二人に言いました。
「おじいさん、おばあさん、私は大きくなりましたので、鬼ヶ島へ鬼を退治しに行ってきます」

2人はビックリしました。
「なんじゃと」
「やめておくれ、そんな危ないこと」

おじいさんたちは桃太郎を止めようとしました。

「人間を困らせる悪い鬼を退治したいのです」

桃太郎の気持ちは変わらないのを悟った2人は桃太郎を送り出すことにしました。

「わかった。じゃが、必ず無事に帰ってきてくれよ」
「はい。約束します。」

おじいさんは桃太郎のために、新しいはおりやはかま、頑丈なわらじ、鋭い刀を用意しました、

そして、おばあさんはとても美味しい日本一のきびだんごを作り、桃太郎に持たせました。

「おじいさん、おばあさん、それでは行ってまいります」

桃太郎はきびだんごを腰の袋に入れるとさっそく鬼ケ島に向けて旅立ちました。

村を出て歩いていると、犬がやってきました。

「桃太郎さん、そんな立派な刀を持って一体どこに行くきだい?」
「鬼ヶ島へ鬼退治に行くんだよ。」
「桃太郎さん、お腰にある袋の中に何が入っているだい?」
「日本一のきび団子だよ。」
「僕に一つくれればお伴します。」
「ありがとう。一緒に鬼を退治しよう」

犬はきびだんごを1つ食べて桃太郎のお供になりました。

桃太郎と犬が山を歩いて行くと、今度は猿がやってきました。

「桃太郎さん、そんな立派なわらじを履いて一体どこに行くきだい?」
「鬼ヶ島へ鬼退治に行くんだよ。」
「桃太郎さん、お腰の袋の中に何が入っているんだい。」
「日本一のきび団子だよ。」
「僕に一つくれればお伴します。」
「ありがとう。一緒に鬼を退治しよう」

猿はきびだんごを1つ食べて桃太郎のお供になりました。

桃太郎と犬と猿が谷を越えて行くと、今度はキジが飛んできました。

「桃太郎さん、そんな立派なのぼりを持って一体どこに行くきだい?」
「鬼ヶ島へ鬼退治に行くんだよ。」
「桃太郎さん、お腰の袋の中に何が入っているんだい。」
「日本一のきび団子だよ。」
「僕に一つくれればお伴します。」
「ありがとう。一緒に鬼を退治しよう」

キジはきびだんごを1つ食べて桃太郎のお供になりました。

いくつもの山を越え谷を越えると鬼ケ島が見えてきました。

「見えだぞ、あれが鬼ケ島に違いない。」

桃太郎たちは、ついに鬼ヶ島にたどり着きました。

鬼ケ島に着くと、お城の大きな門がそびえたっていました。

まずはキジが空から中の様子を見てきました。

「鬼たちはゴロゴロと昼寝をしています。」

次に、猿が門を乗り越え、中から扉の鍵をあけました。

そして、犬が重い扉を押して開けました。

「やい!桃太郎が悪い鬼たちを成敗しにまいったぞ。かくごしろ!」

中にいた鬼どもが目を覚まし、桃太郎たちに襲いかかってきました。

桃太郎は次々を鬼を懲らしめました。

犬、猿、キジもきび団子を食べて百人力。
鬼どもをどんどん倒していきます。

「こりゃ~参った。助けてくれ~」

そういうと、鬼たちはお城の中に逃げていきました。

するとお城から鬼の親分があらわれました。

「生意気な小僧め。俺様が懲らしめてやる。」

鬼の親分は大きな金棒を振り回して襲い掛かってきました。

桃太郎も刀を振りかざします。

犬は足にかみつき、猿は腕をひっかき、キジは目をつつきました。

「アイタタ、ごめん。ごめん。許してくれ。降参だ。」
「もう人々を苦しめないと約束するか。」
「約束します。2度としません。」
「よし、ならば命だけは助けてやろう」

命を助けてもらった鬼は、持っていた宝を桃太郎に差し出しました。
桃太郎はお城の金や銀や織物や、荷車一杯の宝物を手に入れました。

こうして、桃太郎はおじいさんとおばあさんの待つ家に帰りました。、
帰ってきた桃太郎をおじいさんとおばあさんは大喜びで迎えました。

桃太郎は持ち帰った宝を村のみんなでわけ、みんなで幸せにくらしました。

~おしまい~

コメント

タイトルとURLをコピーしました