【日本の昔話】鶴の恩返し

民話・昔話・童話
あいどん君
あいどん君

鶴の恩返しってどういう内容でしたっけ?

あいのー先生
あいのー先生

教えてあげましょう。

スポンサーリンク

鶴の恩返し

むかしむかし、あるところに、貧しいおじいさんとおばあさんが住んでいました。

ある寒い冬の日、おじいさんは町へたきぎを売りに出かけました。

すると途中で、一羽の鶴が猟師のワナにかかってもがいていたのです。

鶴が動けば動くほどワナは鶴を締めつけてしまいます。

おじいさんは可愛そうに思って、

「さあさあ、はなしてあげる。これから、気をつけるんだよ。」

と、鶴を逃がしてやりました。

そうすると鶴は、山の方に飛んで行きました。

家に帰ると、おじいさんはおばあさんに、

「さっきワナにかかった鶴を助けてやった。」

と話していると、

コンコンと入口の戸をたたく音がしました。

その日は、日暮れ頃から降り始めた雪が、コンコンと積もって大雪になっていました。

「こんな日に誰だろう」

と二人が思っていると

「ごめんください。開けてくださいまし」

と若い女の人の声が聞こえてきました。

おばあさんが扉をあけたところ、頭から雪をかぶった美しい娘がそこに立っていました。

「雪で道に迷ってしまいました。どうか一晩ここに泊めてもらえないでしょうか。」

と娘が言うと優しいおばあさんは、

「まあ、寒かったでしょう。さあ、早くお入り」

と、娘を家に入れてやりました。

娘は喜んで、その晩は食事の手伝いなどをして働きました。

あくる日、おばあさんが目を覚ますと、娘はもう起きて働いていました。

いろりには火が燃え、鍋からは湯気があがっています。
そればかりか、家中がきれいに掃除されているのです。

「まあ、ご飯ばかりか、お掃除までしてくれたのかね。」

おばあさんは大変喜びました。

次の日も、その次の日も大雪で、娘は帰ることができませんでした。

娘は毎日、おばあさんのお手伝いをし、おじいさんの肩をもんでくれました。

「何て良く働く娘さんじゃ。こんな娘が家にいてくれたら、どんなにうれしいじゃろう」

おじいさんとおばあさんは、顔を見合わせました。

すると娘が、手をついて頼みました。

「身寄りのない娘です。どうぞ、この家においてくださいませ」

おじいさんとおばあさんは喜んで、それから三人貧しいけれど、楽しい毎日を過ごしました。

ある日、娘は「機(はた)をおりたいから、糸を買ってください」とおじいさんに頼みました。

おじいさんが糸を買ってくると、娘は機の回りにびょうぶを立てて、

「機をおっている間は、決して部屋をのぞかないでください。決して、決してのぞかないでください。」

と、言って、機をおり始めました。

「トントンカラリ、トンカラリ、トントンカラリ、トンカラリ」

娘は部屋に閉じこもると一日じゅう機をおり始め、夜になっても出て来ません。

娘が機をおり始めて、三日目の夜、ようやく機を織り終えた娘は

それは実に美しい、いままで見たことのない織物を持って部屋を出てきました。

「おじいさま、おばあさま、この綾錦(あやにしき)を町へ売りにいってください。」

次の日、おじいさんが町へ売りに行くと、織物はとても高く売れました。

おじいさんは喜んで、家に帰りました。

すると次の日、娘はまた機をおり始めました。

「トントンカラリ、トンカラリ、トントンカラリ、トンカラリ」

三日が過ぎたとき、おばあさんはおじいさんに言いました。

「ねえ、おじいさん。あの娘はいったいどうして、あんな見事な布をおるのでしょうね。ほんの少し、のぞいてみましょう」

娘が決して見ないで下さいといったのを忘れて、おばあさんは部屋をのぞいてみました。

おばあさんがびょうぶのすきまからのぞいてみると、一羽の鶴が自分の羽を抜いて機をおっていました。

「おじいさんや、鶴が機をおっていますよ。」

おどろいたおばあさんは、おじいさんにこの事を話しました。

「トントンカラリ、トンカラリ・・・」

機の音が止んで、前よりもやせ細った娘が布をかかえて出てきました。

「おじいさま、おばあさま。私はワナにかかっているところを助けられた鶴です。恩返しに来たのですが、姿をみられたので、もうここにはいられません。ご恩をお返ししたいと思って娘になってまいりました。けれど、もうお別れでございます。 どうぞ、いつまでもおたっしゃでいてくださいませ」

娘はそういって手を広げると、鶴になり、空に舞い上がると家の上を回って、山の方に飛んで行ってしまいました。

おじいさんとおばあさんは、いつまでもいつまでも鶴を見送りました。
それからのち、二人は娘のおった布を売ったお金で幸せに暮らしました。

~おしまい~

コメント

タイトルとURLをコピーしました