宮崎県の方言丸わかり!宮崎弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、宮崎県で日常的に使われている宮崎弁を紹介します。

スポンサーリンク

宮崎弁(豊日方言、薩隅方言)

宮崎弁は大きく2つに分かれていて、宮崎県全域で広く使われている豊日方言(日向弁)と、県南西部の都城市、えびの市、小林市付近(諸県郡)一帯で使われている薩隅方言(諸県弁)があります。

宮崎弁は、濁音が少なく優しい雰囲気、語尾を上げることが多い、「もんじゃ」「こっちゃ」などの語尾が特徴です。

あ行の宮崎弁

あ行意味
あいがとぐわしたありがとう
あせくるかきまわる
いじくる
あたれもったいない
あば新しい
あんどした飽きた
あんべらしゅーあんばい良く
いたぐらあぐら
いっかす教える
いっちゃがいいよ
うっせるすてる
うてなう相手をする
えーらおっと
あらまあ
おくる起きる
おじー怖い
おっこね大きい
おっしょる祈る
おらぶ叫ぶ
おやっとさまお疲れ様
おらぶ叫ぶ
おんじょんぼ夫婦
おーきんありがとう

か行の宮崎弁

か行意味
かずむ臭う
かてむんおかず
かてる一緒にする
仲間にする
かりこぼ山の妖精
精霊
がもじんおばけ
がられるおこられる
がんたれ役に立たない
きかんたろいたずらっ子
きんきん正座
くせらしか気取っている
ぐらしーかわいそう
げな~そうだ
げんねはずかしい
~こっせん~じゃない

さ行の宮崎弁

さ行意味
さかしんめ逆さま
さのぼい田植え後の祝宴
ざっといかん簡単にはいかない
しかしかもねー生意気
こざかしい
しめなったかこんばんは
しゃち
じゃがじゃがそうだそうだ
じゅじゅまき
ぎぎまき
つむじ
すいー酸っぱい
ずし雑炊
ずる移動する
ずんだれだらしがない
そがらし非常にたくさん

た行の宮崎弁

た行意味
だいやみ
だいやめ
晩酌
~ちゃわー~だよね
ちんがらめちゃくちゃ
つぐろじんがするあざになる
てげとっても
大概
てにゃわん始末におえない
でーじゃ大変だ

な行の宮崎弁

な行意味
~ないよ~したらどうですか
なんかかる寄りかかる
ねりくり餅の一種
のさる運のよい
のさんつらい
めんどくさい

は行の宮崎弁

は行意味
はげらしー残念だ
くやしい
はばしーはげしい
荒い
ひょーすんぼかっぱ
ひんつけかっこつけ
びっきょかえる
びびしゃんこ肩車
ふうたんほっぺた
べっしゃげるつぶされる
べぶ
べら
べらっなる全部だめになる
ほがね頼りない
ほげる穴があく
ほこる茂る
ぼくじゃ大変だ

ま行の宮崎弁

ま行意味
まこちほんとうに
まばいーまぶしい
みごちすばらしい
むじーかわいらしい
めあげんそごめんください
もえ共同でする寄合
もぞなぎかわいそう

やらわ行の宮崎弁

やらわ行意味
やけらるる~られる
やまいもをほる酔ってくだをまく
やんかぶる髪の毛がぼさぼさになる
ゆるり囲炉裏
よくー休む
よだきー面倒
わやく冗談
んだもしたんあらまあ
んーにゃいいや

コメント

タイトルとURLをコピーしました