徳島県の方言丸わかり!徳島弁(阿波弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、徳島県で日常的に使われている徳島弁(阿波弁)を紹介します。

スポンサーリンク

徳島弁(阿波弁)

徳島県の方言は、徳島弁や阿波弁と呼ばれています。
徳島は、北東部に淡路島、大阪が近いこともあり、関西の言葉の影響を強く受けているところがあります。また、隣県の香川県や高知県に近い所ではその地方の方言の影響もあり、県内でも言葉の違いが多く見られます。

あ行の徳島弁(阿波弁)

あ行意味
あずるてこずる
あばさかる調子にのってはしゃぐ
あばば
あばばい
まぶしい
あんだいな不安な
頼りない
心配だ
いんぐりちんぐり不揃いな
いんでくる帰る
うちんく私の家
えっと長い間
えっとぶりお久しぶり
おいでんよおいでなさい
(お腹が)おきる満腹になる
おげ
でたらめ
おじくそ意気地なし
おとんぼ末っ子
おぶける驚く
おまはんあなた
おまえ
おもっしょいおもしろい

か行の徳島弁(阿波弁)

か行意味
がい荒っぽい
かく担ぐ
かさたくさん
大変
かざる
かざむ
におう
臭い
かす水に浸す
かんまんかまわない
かーください
がい強く
きちうるち米
きどいじれったい
きぶい坂がきつい
きんしゃいきなさい
おいで
けないなくなるのが早い
げしなる寝られる(寝るの尊敬語)
げと最下位
ごじゃでたらめ
こそばかすくすぐる

さ行の徳島弁(阿波弁)

さ行意味
さどい機敏な
機転が利く
しにいるあざ
しょーたれだらしない
しりうち泥はね
しんだいだるい
しょうもない
じいも里芋
せこい気が苦しい
せんぐり次々に
そら川の上流の地域

た行の徳島弁(阿波弁)

た行意味
だいじない差し支えない
たいそい面倒くさい
たしない希少だ
たっすい馬鹿らしい
たてる閉める
たもれ下さい
ちょうず便所
ちんぐー友達
つくなむしゃがむ
つぶしヒザ
つべくそよけいなお節介
つまえる片付ける
てれこものの位置が入れ替わっていること
どくれるすねる
どちらいかどういたしまして
どびる野菜などが腐り崩れること
どぼれあほ
馬鹿

な行の徳島弁(阿波弁)

な行意味
なしになるなくなる
なるい傾斜が緩い
なんしょんな?なにしているの?
なんなんな?なんなのですか?

は行の徳島弁(阿波弁)

は行意味
はいりょください
はしかい痛痒い
むずがゆい
はめまむし
ひこずる引きずる
ひだるい空腹
ひどいすごい
ひやこい冷たい
ひんける干からびる
ひんず余分
へらこいずる賢い
へんしもすぐさま
ほなけんどだけど
しかし

ま行の徳島弁(阿波弁)

ま行意味
まがる邪魔になる
まけまけ
まける
液体があふれる
むつごい味がしつこい
脂っこい
めげる壊れる
めんどい難しい
気難しい

やらわ行の徳島弁(阿波弁)

やらわ行意味
やね
よたんぼ酔っ払い
よわざ夕方
よわる困る
わがでに自分で
わるそいたずら

コメント

タイトルとURLをコピーしました