兵庫県の方言丸わかり!兵庫弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、兵庫県で日常的に使われている兵庫弁を紹介します。

スポンサーリンク

兵庫弁

兵庫県で使われる方言は実に多く、6つに分類されています。

神戸弁:神戸市全域で話される方言です。播州弁、大阪弁、京都弁の影響を受けています。
播州弁:姫路市・赤穂市などで話される方言です。口調が強めなのが特徴です。
但馬弁:兵庫県北部で話される方言です。中国方言交じりなのが特徴です。
丹波弁:丹波市・篠山市で話されている方言です。
淡路弁:淡路島で話されている方言です。近隣の徳島、大阪、和歌山の影響を受けています。
摂津弁:尼崎市、西宮市などで話されている方言です。大阪弁の影響を受けています。

このように兵庫県では、複数の方言があるため同じ兵庫県民でも方言が違うと他県の人と区別がつかないようです。

あ行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

あ行意味
あかんダメ
あたんする仕返しをする
あだける転がり落ちる
あつかましー忙しい
あはーアホ
ありこまちあるだけ全部
あんじょうしとこ調子よく
快調に
いかめー羨ましい
いごく動く
いしこいずるい
いぬ帰る
いらう触る
えらいしんどい
すごく
おいやか静か
穏やか
おーじょーする困る
おしょ粗末
おせらしい大人びた
おとちこわがり
おとんぼ末っ子
おなかがおおきいお腹がいっぱいになる

か行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

か行意味
かく持ち上げる
かつけるぶつける
かんこくさい紙などの焦げた匂いがする
がや信念や根性がない
内容がダメ
きばって頑張る
えらそうにする
けんたいげ偉そう
ごうわくいらいらする
腹が立つ
こおつとさてと
こくば落ち葉
こそばいくすぐったい
こっぴんかたげる思案する
困る
こまい小さい
ごーがわく腹がたつ

さ行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

さ行意味
さっちもないつまらない
さのめ今さら
さんこにする散らかす
さんよ予定
計算
しゃーままげるお節介をやく
しょむ草木が密集する
混雑する
しょーしかわいそう
しりこぶたお尻
じげ地元
じゃみる壊れる
中止になる
すこいずるい
せちべんけち
せんど長い間
せんどぶり久しぶり
そーばいにわか雨

た行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

た行意味
たなもと台所
たばう貯める
たんのする飽きる
退屈する
だぼ馬鹿
だんない心配ない
つくなむしゃがむ
つくねるこねる
まるめる
つついっぱい精一杯
てーろとても
どつく殴る

な行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

な行意味
なやすい簡単
なるい平坦
なんどいやなんですか?
ぬまこいしまりがない

は行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

は行意味
はしかいかゆい
すばしっこい
はめまむし
はりこむおごる
ばんなりましたこんばんは
ひなか半日
ぴりぴりする雨が少し降る
へっさ久しく
へらへっといっぱい
べっちょない大丈夫
ほえねー物足りない
ほかす捨てる
ほたえる暴れる

ま行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

ま行意味
まくれる転がり落ちる
またい動作が鈍い
またことない間違いない
まつべる集める
まどう弁償する
めぐこわす
もみない不味い

やらわ行の兵庫弁(神戸弁、播州弁、但馬弁、丹波弁、淡路弁、摂津弁)

やらわ行意味
やつすおしゃれをする
よぼるこぼれる
よーがい用意
用心

コメント

タイトルとURLをコピーしました