愛知県の方言丸わかり!愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、愛知県で日常的に使われている愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)を紹介します。

スポンサーリンク

愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

愛知県の方言は主に、名古屋弁、尾張弁、三河弁の3つに分けられます。

愛知県は歴史的に尾張地方と三河地方の2つに分かれており、方言も尾張弁と三河弁の2つに分かれています。そのため、愛知県内では愛知弁という言葉は基本的に使用されず、尾張弁もしくは三河弁で区別されています。

名古屋弁は名古屋市中心部で話される方言を指します。

あ行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

あ行意味
あおじ
あおぢ
青あざ
あかるこぼれる
あったさん熱田神宮
あっちゃこっちゃ反対
あべこべ
あまたらこい甘すぎる
あらけにゃー荒々しい
乱暴
いかーず行きます
いかんてーだめだよ
いりゃあすいらっしゃる
いんちゃんじゃんけん
うそっこき嘘つき
うっそんこうそ
えらい疲れる
しんどい
えらまつごうまんな人
えらぶってる人
おいでんよおいでなさい
おうじょうこく困る
苦労する
おおちゃきいやんちゃな
乱暴な
あつかましい
おくやめる
おくめする人見知りする
はずかしがる
おしまいやすこんばんは
おそがいおそろしい
怖い
おたからさんおりこうさん
おぼこい子どもっぽい
幼い
おんたオス

か行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

か行意味
かす研ぐ
きいなゃあ黄色い
きがずつない心苦しい
恐縮する
気がとがめる
きまりがわりー恥ずかしい
ぎりつむじ
けっこい美しい
けった自転車
けなるいうらやましい
こがわくいらいらする
腹が立つ
こそべったいくすぐったい
こっすいずるい
こわい固い

さ行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

さ行意味
さむぼろ鳥肌
じっさおじいさん
しゃこう自動車学校
すこ
ずっこいずるい
ずつない体が苦しい

た行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

た行意味
だあだあぶり激しい雨
たーけバカ
たいがいいいかげん
ほどほど
だだくさ
ただくさ
だだくそ
粗雑
ぞんざい
だで
だもんで
だから
たるいつまらない
ちいとちょっと
ちみくる
ちみきる
ちみぎる
つねる
ちゃっと急いで
ちょうすいとる調子づく
ふざける
ちょうらかすごまかす
ちんちん
ちんこちん
非常に熱い
つべたぇー冷たい
つれ友達
でらものすごい
ときんときん尖っている
どいで?どうして?
どいでだん?どうしてですか?

な行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

な行意味
なぶるさわる
なまかわ怠け者
なんだやあも?何ですか?
ねぐさゃあ腐ったようなにおい
腐りかけの状態
ねぶたい眠たい
ねぶるなめる
のうなるなくなる
紛失する

は行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

は行意味
ぱーぱー開けっ放し
ばばさおばあさん
はやいなもおはよう
はらぎりお腹いっぱいだ
ひきずりすき焼き
ひしゃける潰れる
ひずがない元気がない
ひずるい
ひずるしい
まぶしい
へちゃ
へちゃむくれ
ブサイク
ブス

ま行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

ま行意味
まーかんもう許せない
まいる困る
まっかしけ真っ赤
まっさおけ真っ青
めぼ
めんぼ
ものもらい
めいえき名古屋駅
めいだい名古屋大学
めんげらしいかわいい
めんたメス

やらわ行の愛知弁(名古屋弁、尾張弁、三河弁)

やらわ行意味
やけずり火傷
やっきりこくいらいらする
やっとかめお久しぶり
やめやぁ
やめてちょー
やめて~
やらしい恥ずかしい
よどよだれ

コメント

タイトルとURLをコピーしました