岩手県の方言丸わかり!岩手弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、岩手県で日常的に使われている岩手弁を紹介します。

スポンサーリンク

岩手県の方言(盛岡弁・宮古弁・南部弁)

岩手弁には次の3種類の方言があります。

中部:盛岡弁
沿岸部:宮古弁
北部:南部弁


盛岡弁は岩手県の県庁所在地である盛岡市の中心部で使われる方言で、東北方言の北奥羽方言に分類されます。

宮古弁は岩手県の三陸海岸を代表する都市、宮古市を中心に話されている方言です。

南部弁は岩手県北部から青森県南部にかけてよく耳にする方言です。初めて聞く人には「何を話しているのかわからない」という言葉が多いのが特徴です

あ行の岩手弁

あ行意味
あしかまり足のにおい
あべおいで
行きましょう
あのはなんあのね
あめかまり腐った臭い
あらがただいたい
いりません
結構です
いじくされ
いじくさり
意地悪な人
強情を張る人
いずい
えずい
しっくりこない
心地が悪い
うたてー
うたちー
おたてー
気持ちが悪い
気味が悪い
うるがす浸す
えーふりする気取る
えんずいしっくりこない
気持ち悪い
おあげんしぇ
おあげんせ
お召し上がりください
おしずかにさようなら
おしょすい
しょすい
しょしい
恥ずかしい
おでんせおいでください
おなごぶりいーひと美人
おはよがんすおはよう
おばんです
おばんでがんす
こんばんは
おぼっこ赤ちゃん
おみょーにち
おみょうぬづ
また明日
おめでどーごしおめでとう
おもさげながんす本当に申し訳ないことです
おもさげねぇ申し訳ない

か行の岩手弁

か行意味
かまりにおい
香り
がんすございます
食べる
食べなさい
けっぱれがんばれ
来なさい
こうぇー疲れた
こちょがすくすぐる
このげ眉毛

さ行の岩手弁

さ行意味
しばれる非常に寒い
ずれぁずるい
しなさい

た行の岩手弁

た行意味
だがらさそうだね
たんばつば
ちぎ脳卒中
ちょす触る
ちょすな触らないで
とぼげバカ
どやすどうする
とろっぺついつも

な行の岩手弁

な行意味
なしてなぜ
ねでおぎる昼寝
のめものもらい

は行の岩手弁

は行意味
はっかはっかするドキドキする
はっけ冷たい
ふたつける殴る
ぺあっこ少し
ほいどたがれ欲張りな人
ほらふぎ嘘つき
ほんでねそうではない

ま行の岩手弁

ま行意味
まかすこぼす
まずねじゃあね
バイバイ
まつぽい
まつっぽい
まぶしい
まなぐ
まなご
みだぐね
みだくなす
かわいくない
ブス
めんこい可愛い
もっすごめんください

やらわ行の岩手弁

やらわ行意味
やがねる
やかねる
やきもちを焼く
嫉妬する
うらやむ
ゆぷて
ゆぷてぁ
煙たい
ゆるぐね苦しい
よくおでんしたよくお出になりました
~のだ
~のよ
わらしこども
わらはんどこどもたち
んだはなんそうだね

コメント

タイトルとURLをコピーしました