熊本県の方言丸わかり!熊本弁講座

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、熊本県で日常的に使われている熊本弁を紹介します。

スポンサーリンク

熊本弁

熊本弁は大きく、熊本市を中心とした北部、阿蘇市を中心とした東部、球磨川下流の八代地域、芦北のある南部、天草諸島に分けられます。

熊本弁は福岡県西部・南部、佐賀県、長崎県の方言とともに、肥筑方言に属します。

あ行の熊本弁

あ行意味
あいそんこそもなか愛想がない
そっけない
あからんものにならない
つまらない
あくしゃうつ困り果てる
あたじゃ急に
突然
あどかかと
あとぜき戸(ドア)を閉めること
あばかんたくさん
多く
あゆる
あえる
汚れがおちる
あんじゃひとお兄さん
あんぽんたんバカ
いさぎー
いさぎゅー
大変
非常に
いっちょん少しも
まったく
いひゅーもん風変りな人
うすとろかてれくさい
恥ずかしい
うっちょく置き去りにする
うんぶくるる溺れる
うーばんぎゃー大雑把
えすか怖い
恐ろしい
おこなえんしょうがない
たまらない
おずむ目を覚ます
おたいわたし
おっちょオス
おどっぱす意地悪な人
おろよかあまりよくない
おんぼろだ
スポンサーリンク

か行の熊本弁

か行意味
かっとーしゅー順番に
かつがつ少しずつ
適度に
かばしか香ばしい
からう背負う
おんぶする
がまだす精を出す
頑張る
がんば
きぜんのたっか気位が高い
きっちゃする辛い思いをする
ぐぜるぐずぐず言う
ぐっさりたくさん
どっさり
けたごろうんこ
こすたくりんケチ
こずむうず高く積む
こーとーか上品だ
ごてどん旦那

さ行の熊本弁

さ行意味
さかたくりんさかさま
されく
さろく
歩き回る
しーと
しーとる
好いてる
じご
じごんず
肛門
しこる恰好つける
気取る
しにかぶる死にそう
非常にきつい
じゃーじん金持ち
しょなむ
しょのむ
ねたむ
しょんなか仕方ない
じゅーぐりっとぐるりと
すーすーすー肌寒い
スースーする
すかたん嘘つき
せからしかうるさい
そーにゃ
そーん
とても
大変
そーよーあるだけ全部
そぎゃんたいそうだ

た行の熊本弁

た行意味
たいぎゃ本当に
ちこらしか親しい
どぎゃんもこぎゃんもどうもこうも
とぜんなかさみしい
退屈だ
どっきりする
どっかりする
胸やけする
とつけむにゃーとんでもない
どけだっか味がしつこい

な行の熊本弁

な行意味
なえた疲れた
なめる食べる
なわすしまう
修理する
にくじわざと
故意に
ぬすくる知らん顔する
ぬたーっとゆったりと
めっちょメス
ねずむつねる
ねまる腐る
のさん嫌だ

は行の熊本弁

は行意味
はいよいただく
はってく行ってしまう
死んでしまう
はよおそ早く
はわく掃く
~ばい~だぞ
ばさろ大変
たくさん
ひだるかひもじい
空腹だ
ひっちゃかましかめんどくさい
ひでるひりひりと痛む
びっすいかすっぱい
びんた
ふのよか運がいい
ふゆじ怠け者
寒がり
ほたくる騒ぐ

ま行の熊本弁

ま行意味
みろごつもなか見たくもない
もっこす頑固者

やらわ行の熊本弁

やらわ行意味
やおいかん簡単ではない
やぜくるしか暑苦しい
よかですばいいいですよ
よーとすっかり
わからんだめだ
いけない
わさもん初物

スポンサーリンク