香川県の方言丸わかり!香川弁(讃岐弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、香川県で日常的に使われている香川弁(讃岐弁)を紹介します。

スポンサーリンク

香川弁(讃岐弁)

香川県の方言は讃岐弁とも呼ばれます。県内では西と東で違いがあり、大まかに東讃弁と西讃弁に区別されていましたが、現在ではあまり大きな違いはなくなってきているようです。

あ行の香川弁(讃岐弁)

あ行意味
あじわる気持ち悪い
あずない幼稚な
あずる困る
あっぱがおあきれ顔
あまばいまぶしい
あんだいな不安な
心配だ
いくいえぐい
したたか
いた下さい
いたい熱い
うたてげ気の毒な
うっしゃやみ
うっしょやみ
潔癖症
うったて手始め
うまげな立派な
うれしげな生意気な
えどるなぞる
おいでんよおいでなさい
おいどお尻
おうるい
おうろい
恵みの雨
おおける驚く
ビックリする
おきる満腹になる
おくもじ菜っ葉の漬物
おげ
おげくら
おげしこ
おげちゃら

間違い
おことい忙しい
おとっちゃまこわがり
臆病者
おみーさん雑炊

か行の香川弁(讃岐弁)

か行意味
がい荒っぽい
かさにのせる傘に入れる
かざるにおう
臭い
かぼそかわうそ
きがわるい不快
心地よくない
きざからいじわる
きびる惜しむ
きゃっきゃがくるいらだちの擬音語
きょとい恐ろしい
きりぶさかかと
くろみ梅雨
くわる痛む
痛い
けっこい美しい
こうねん立ち入った内容
ごろたひくいびき

さ行の香川弁(讃岐弁)

さ行意味
さいあがる調子に乗りすぎる
しける人見知り
しょーたれだらしがない
しょーらしいおとなしい
まじめ
じょんならんどうしようもない
しりうち泥はね
じょんならんどうにもならない
じるいぬかるんでいる様子
ずぼずぶ濡れ
せかれる腹が立つ
せらう妬む

た行の香川弁(讃岐弁)

た行意味
だいじない差し支えない
たってきとりあえず
たる十分
だんないかまわない
つか下さい
つばえる贅沢する
つむ切る
てんこつてっぺん
頂上
てんまい良い都合
できあい
でっきゃい
あり合わせで作った料理
とつけもないとんでもない
どくれるふてくされる

な行の香川弁(讃岐弁)

な行意味
なんしょん?何をしているの?
ねんご自慢
のどしれ
のどっせ
ずうずうしい
下品な

は行の香川弁(讃岐弁)

は行意味
はがいましーじれったい
はくはめる
はせボタン
はめる仲間に入れる
ひんけるしなびる
ふつむ目を閉じる
ぶに
ぶる漏れる
へっぱくげなへんてこな
へらこいずるい
ほーけにする馬鹿にする
ぼっこ非常に

ま行の香川弁(讃岐弁)

ま行意味
まがる邪魔になる
まける溢れる
まっつい酷似している
同じ
まんでがん全部
むつこい濃い
めぐ壊す
めめろ
めめり
目のゴミ
もさぶるもてあます

やらわ行の香川弁(讃岐弁)

やらわ行意味
やぎろしー面倒くさい
りくつげな偉そうな
ろっぷん丸裸

コメント

タイトルとURLをコピーしました