長野県の方言丸わかり!長野(信州)弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、長野県で日常的に使われている長野(信州)弁を紹介します。

スポンサーリンク

長野弁( 信州弁)

長野県は以下の4つの地域に分けられます。
北信(長野・飯山地方)
東信(上田・小諸・佐久地方)
中信(松本・大町・木曽地方)
南信(諏訪・伊那・飯田地方)

それぞれの地域で少しずつイントネーションが違いますが、それらをひっくるめて長野弁(信州弁)と言います。

あ行の長野弁(信州弁)

あ行意味
あばな
あばね
じゃあね
バイバイ
あんじゃない心配ない
大丈夫
うら後ろ
えせむ妬む
羨ましがる
おかたしけ心から感謝しています
おつかいですこんばんは
おつかいな
おつかいなんしょ
おつかれさまでした
おはよーござんすおはよう
おめでとーござんすおめでとう
おやげねえかわいそう
気の毒

か行の長野弁(信州弁)

か行意味
かす生意気
かに
かにな
かにや
ごめんなさい
きぶるすねる
くつばすくすぐる
くつばったいくすぐったい
くれるあげる
ごしたいめんどくさい
疲れた
こすいずるい
ごむせー汚い
ごめんなんしょごめんください
こわい固い

さ行の長野弁(信州弁)

さ行意味
さむしーさびしい
しみる凍るように寒い
しょーしー恥ずかしい
ずくやる気
根性
精を出す

た行の長野弁(信州弁)

た行意味
ただくさもないたくさんある
つべてー冷たい
つる持って運ぶ
てきない
ちきない
ちきねー
疲れた
具合が悪い
ときにとりあえず
とぶ走る

な行の長野弁(信州弁)

な行意味
なからおおよそ
だいたい
ねぶってぇ
ねんぷて
眠い
のっとい
のっとこい
暖かい

は行の長野弁(信州弁)

は行意味
はーるかぶりお久しぶり
ひどろい
ひどろっこい
まぶしい
べちゃる捨てる
べと
ほぉけえ?そうなの?
そうだっけ?
ほぉずらそうだろう
そうでしょう
ぼける軟化する
柔らかくなりすぎる

ま行の長野弁(信州弁)

ま行意味
まていていねい
礼儀正しい
まんず全く
みぐさい醜い
見苦しい
もーらしー
もごらしい
むごらしい
かわいそう
切ない

やらわ行の長野弁(信州弁)

やらわ行意味
やくやくわざわざ
やぶちゃみんな
大勢
わにる人見知りする
はにかむ
照れる

コメント

タイトルとURLをコピーしました