鳥取県の方言丸わかり!鳥取弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、鳥取県で日常的に使われている鳥取弁を紹介します。

スポンサーリンク

鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

鳥取県は東部地区、中部地区、西部地区のそれぞれで方言が「鳥取弁・倉吉弁・米子弁」の3つに分かれます。
鳥取弁は東部で主に使われ、因州(いんしゅうべん)弁とも呼ばれます。

鳥取弁はかわいいフレーズが多く面白い方言ですが、米子弁は古き出雲地方の面影を残す言い回しが見られる点が特徴です。

あ行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

あ行意味
あいまち怪我
あばかす騙す
偽る
あわだくる冗談をいう
いぎちない気の毒な
いらくるうるさがる
うち
うっちゃ
えーにょば美人
えなげないい加減
怪しい
えらい疲れた
えらがる苦しがる
えらしじー忙しい
えーたいこーたいいつも
おいだし解熱剤
おせげなおとなびた
おめる尻込みする
おーどーな大胆な
おんたオス

か行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

か行意味
かぐるひっかく
かけりやこかけっこ
かずむにおいをかぐ
かばちおしゃべり
からむ結ぶ
かんちょろい弱い
がいな大きな
きがせれるイライラする
きさじー感じがいい
きずい頑固な
きょてー恐ろしい
こだらかすあやす
ごもくたごみ

さ行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

さ行意味
さいがはやいすばしこい
さくい脆い
さでくる落ちる
さんぐりかえし転倒
しかけにわか雨
しじる素焼きする
煮る
しびがわりー恥ずかしい
しゃつかがない常識がない
しゃーまこく余計なおせっかいをする
しょのむ妬む
しょーやくする始末する
すてんぽてんだらしない

た行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

た行意味
だらず馬鹿者
ちんちん親友
つみたー冷たい
てこい大きい
でごへごでこぼこ
とーから前から
とっぱーけ嘘つき

な行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

な行意味
にしくりつける塗りつける

は行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

は行意味
はたはた元気よく
ひょろずくよろめく
ぶーわ

ま行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

ま行意味
めんたメス
もえる増える

やらわ行の鳥取弁(因州弁、倉吉弁、米子弁)

やらわ行意味
やおい歯ごたえがなく柔らかい
やくちゃもにゃ無駄な

コメント

タイトルとURLをコピーしました