滋賀県の方言丸わかり!滋賀弁(近江弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、滋賀県で日常的に使われている滋賀弁(近江弁)を紹介します。

スポンサーリンク

滋賀弁(近江弁)

滋賀県の方言は滋賀弁、近江弁、江州弁、近江ことばとも呼ばれています。
滋賀県は京阪(特に京都)との交流が古くから盛んであることから、滋賀弁は京言葉や大阪弁に似ている所が多くあります。

あ行の滋賀弁(近江弁)

あ行意味
いかい大きい
いぬ帰る
うみ琵琶湖
えらい凄い
大変
辛い(疲れた)
おしまいやすこんばんは
おせんどさんおつかれさまでした
おっさんお坊さん

か行の滋賀弁(近江弁)

か行意味
がいっと力いっぱい
かすお米を研ぐ
かなん困った
大変だ
かにここやっと
きりょーよし美人
きんまい美しい
立派
こわい硬い

さ行の滋賀弁(近江弁)

さ行意味
すこいずるい

た行の滋賀弁(近江弁)

た行意味
だしかいないいじゃないですか
だんないさしつかえない
心配ない
ちべたい
ちびたい
ちびてぇ
冷たい
ちゅんちゅん(お湯などが)とても熱い
ちょかす
ちょける
調子に乗る
どんつきつきあたり

な行の滋賀弁(近江弁)

な行意味
なおす片づける
なぶる手で触れる
なんぞおやつ

は行の滋賀弁(近江弁)

は行意味
ほかす捨てる
ほえないあっけない
ほっこり疲れる
くたびれる

ま行の滋賀弁(近江弁)

ま行意味
めいぼものもらい
ももける毛玉ができる
もんてくる帰ってくる

やらわ行の滋賀弁(近江弁)

やらわ行意味
やーんべやめる
やくざもん品質が悪いもの
やっとかめお久しぶり
よけまい余計
よぞいうるさい
不快

コメント

タイトルとURLをコピーしました