静岡県の方言丸わかり!静岡弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、静岡県で日常的に使われている静岡弁を紹介します。

スポンサーリンク

静岡弁

静岡の方言は、富士川以東・伊豆半島および駿河東部の東部方言、富士市以西・掛川市以東・駿河西部および遠州東部の中部方言、袋井市・森町以西・東遠地方以外の遠州の西部方言の3つに大きく分けられます。

あ行の静岡弁

あ行意味
あいまち怪我
あてこともないとんでもない
あんもー
いかい大きい
うちっち私の家
うっちゃる捨てる
えらい大変な
たくさん
つらい
おえる壊す
おそんがい恐ろしい
おぞい粗悪な

か行の静岡弁

か行意味
かじるひっかく
かたす仲間に入れる
かんじかなるかじかむ
がらいついうっかり
くむ崩れる
ぐれる捻挫する
けける載せる
けっこいかわいい
きれい
美しいい
こつい小さい
こんきー疲れた

さ行の静岡弁

さ行意味
さばく破る
さーたりまーるうろつきまわる
しなべる片づける
しょずむつまむ
しょろしょろぐずぐず
じるいやわらかい
しょんない仕方がない
ずない強い
せせくるいじる
そらーつかうとぼける

た行の静岡弁

た行意味
たこるサボる
ちょーらかすばかにする
ちょびちょびちょっかいを出す
ちんぶりかくふてくされる
とじかる絡まる
とぶ走る

な行の静岡弁

な行意味
なりき不作法
にーしー新しい

は行の静岡弁

は行意味
はだってわざと
ひどろしーまぶしい
ぶしょったい不潔
だらしない
ぶそくる不機嫌になる

ま行の静岡弁

ま行意味
まめったいよく働く
みこひいき
みずらい見苦しい
もぞぐったい痛かゆい

やらわ行の静岡弁

やらわ行意味
やくたもない役に立たない
やっきりする腹が立つ
やぶせったいうっとうしい
ゆるせいのんびりできる
らっちもねーくだらない

コメント

タイトルとURLをコピーしました