栃木県の方言丸わかり!栃木弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、栃木県で日常的に使われている栃木弁を紹介します。

スポンサーリンク

栃木弁

栃木弁は茨城弁と共に東関東方言と言われています。

栃木弁は発音や文法の特徴などで福島弁と共通する特徴を多く持ちます。
栃木弁は栃木県全域で話される方言ではなく、栃木県南西部の足利市や佐野市の一部では西関東方言の足利弁が使われています。

あ行の栃木弁

あ行意味
あんぽんたんろくでなし
いかんべいいでしょう
いぶいけむい
うすばがバカ
うら後ろ
おしゃらくおめかし
おこんじょ
おこんじょー
意地悪
おっとばす追い払う
おにむしクワガタ虫
おばんですこんばんは

か行の栃木弁

か行意味
がかい図体
かんますかき混ぜる
きうきうに急いで
ごじゃっぺ
ごじゃはげ
ごじゃぶろ
ごちゃっぺ
でたらめ
ごせやける頭にきた
こっぱずかしー恥ずかしい
こないだこの前
先日
こわい
こわぐなった
疲れた
しんどい

さ行の栃木弁

さ行意味
さむしーさびしい
しこーばる気取る
しゃああんめ仕方ない
しんなりがんじょー見かけによらず丈夫
そーなんけーそうなんですか
そっけーそうですか

た行の栃木弁

た行意味
だいじ大丈夫
ちくらっぺ嘘つき
ちみでー冷たい
てばたき拍手
でれすけ愚か者
とうみぎ
どうむぎ
とうもろこし
とんぼ

な行の栃木弁

な行意味
なじょすべーどうしよう

は行の栃木弁

は行意味
はらくちお腹がきつい
ひっこぎるくじく
ぶしょったれだらしない
不潔
ふりがいーひと美人
ぼうでんき懐中電灯
ぼっこす壊す
ぶっちめるはさむ

ま行の栃木弁

ま行意味
まかる訪ねる

やらわ行の栃木弁

やらわ行意味
らいさま
わすらいたすらする事
~け?~ですか?
~か?

コメント

タイトルとURLをコピーしました