新潟県の方言丸わかり!新潟弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、新潟県で日常的に使われている新潟弁を紹介します。

スポンサーリンク

新潟弁

「新潟弁」は新潟市を中心とする地域で使われています。
地域によって少し違いがあるため、旧越後国の方言は「越後方言」と言われ、旧佐渡国の方言は「佐渡弁」と言われています。

あ行の新潟弁

あ行意味
あちこたない
あちこたねぇ
大丈夫
問題ない
あんにゃま長男
いちがいこき頑固者
いとしげ可愛らしい
いぼくるふてくされる
うそこき嘘つき
おまんたおまえたち
おみちよー道中、気を付けてお帰り下さい
おめさんあなた
おめがんあなたのもの
おもしぇーおもしろい
おやげねえかわいそう
気の毒
おらがん私のもの
おんちゃ
おんちゃま

か行の新潟弁

か行意味
かんべねごめんね
許して
げっぽビリ
こうぇあ疲れた
こちょまっけくすぐったい
こっすぇずるい
ごっつぉさんごちそうさまです
こふとめわり恥ずかしい

さ行の新潟弁

さ行意味
さぁさぁ失敗した
しならづよい見かけによらず丈夫
しゃっこえ冷たい
しゃんしゃん元気がいい様子
しょーしー恥ずかしい
じょんのびのんびりくつろぐさま
すきらすけ好き
せばそういえば
そーらそうだ
そろっとそろそろ

た行の新潟弁

た行意味
だすけだから
だっちょもねつまらない
だんだんどーもごめんください
ちびたい
ちびてぇ
冷たい
つらっぱしないあつかましい
てーせぁこく気取る
でんぐりかえるひっくり返る
てんぽ
てんぼこく強情な人
うそつき
とんときおっちょこちょい

な行の新潟弁

な行意味
なじょも大丈夫
なじらねどうですか?
なまらものすごく
なら君たち
ねぶってぇ
ねんぶて
眠たい

は行の新潟弁

は行意味
ばーか
ばっか
たいへんに
凄い

ま行の新潟弁

ま行意味
まっかてっか真っ赤
めじょげ
めーじょーげ
かわいそう
気の毒
めめよし
めめがいい
器量がいい
美人

やらわ行の新潟弁

やらわ行意味
よっぱら飽き飽き
わにくらしー人見知りする
はにかむ
照れる

コメント

タイトルとURLをコピーしました