福島県の方言丸わかり!福島弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、福島県で日常的に使われている福島弁を紹介します。

スポンサーリンク

福島弁

福島弁は、福島県内の3つの地域で、話されている福島弁が多少違います。

福島の中部エリア、会津地方、浜通りの周辺で話されている言葉の3つに分けられます。
福島県内に住んで慣れ親しんでいれば、どの辺りの出身のなまりなのかすぐわかるようです。

あ行の福島弁

あ行意味
あがし明かり
あぐどかかと
あっぽ大便
ありがたくなる眠くなる
うとうとする
あんべわり具合が悪い
調子が悪い
いろいぼニキビ
うそこぎウド付き
うだでー気持ち悪い
うまそ
うまそい
健康そう
おど赤ちゃん
おもさぐねおもしろくない
おもしおもしろい
おわいなはんしょよくいらっしゃいました

か行の福島弁

か行意味
かいちゃ裏返し
かがらしうるさい
気になる
かんかち(ぢ)火傷
がんすございます
きりょーいー美人
くさし怠け者
くびこんま肩車
げんちょも~けれども
こえー疲れた
こじはんおやつ
ごせやくな腹を立てる
こっつあがねぇつまらない
こわい
こわっちー
硬い

さ行の福島弁

さ行意味
さすけね気にしなくてよい
ざんぞ陰口
しっちゃける破れる
しびったれケチ
しぶだれ臆病
ケチ
しょーし恥ずかしい
すいしょ風呂
ずねー大きい
せづねうるさい
そうだげんちょもそうだけど~

た行の福島弁

た行意味
たいしたきーしる気取る
だけんどそうだけれども
たんぱらすぐに腹を立てる
気が短い
ちんと少し
づくだれ意気地なし
情けない
でこすけ愚か者
でなおでこ
とぶ走る
とーみぎとうもろこし
どしょなし臆病者

な行の福島弁

な行意味
なまらはんじゃく未熟者
にしゃおまえ

は行の福島弁

は行意味
はいらんしょーどうぞお入りください
ばがバカ
ばっち
ばっつ
末っ子
はやえなっすおはよう
ひゃっこい冷たい

ま行の福島弁

ま行意味

まじっぽい
まちぽい
まぶしい
まてーていねい
まめっこはにかむ
人見知りする
シャイ
むじる曲がる
めんげかわいい

やらわ行の福島弁

やらわ行意味
やや赤ん坊
やーべ行きましょう
らいさま
んぶう背負う

コメント

タイトルとURLをコピーしました