島根県の方言丸わかり!島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、島根県で日常的に使われている島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)を紹介します。

スポンサーリンク

島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

島根の方言は大きく3つに分かれます。

出雲地方で使われる出雲弁、隠岐諸島で使われる隠岐弁、石見地方で使われる石見弁の3種類です。島根の方言の中でも最も多く話されているのは、出雲弁です。

あ行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

あ行意味
あいまち事件
事故
あとかた先日
先ごろ
あばかんありあまるほど
あまる落雷する
あんきな安心な
いびせー恐ろしい
いんにゃいいえ
いんのくそ役に立たない
えとしげなかわいそうな
気の毒な
えにょば美人
おきしき好き嫌い
おちらと長居をして
おどろく目が覚める
おべる驚く

か行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

か行意味
かいしきまったく
きこ頑固
きさんじ(出雲弁)痛快
(石見)気晴らし
きょーとい恐ろしい
きんにょ昨日
くじ小言
こーしゃ器用なこと
ごだっしゃいいらっしゃい
こっぺ生意気
ませていること
ごんたいたずらっ子
悪さをする子

さ行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

さ行意味
さんじましたごめんください
しおはいー塩辛い
じじらにしきりに
しちべお尻
じゃんたくさん
すばりとげ
せせらしいうるさい
そらやま家の近くの山

た行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

た行意味
たばこする休憩する
たわ
谷間
だら愚か者
ちょっこしちょっと
ちょーしき食事
ちょんぼし少し
てこにあわん能力がない
てご手伝い

な行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

な行意味
なんぎこんぎ苦労
困難
にげる去る
転居する
にょーばんこ女の子

は行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

は行意味
はいごん大騒ぎ
はしま間食
ばんげ夕方
へんがえ変更
べったーべったー何度も
毎度
ほんそご最愛の子

ま行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

ま行意味
まくれるひっくり返る
みいりがする筋肉痛になる
むさい丈夫で長持ちする
めーわくするありがたく思う
もそぶ重いものを運ぶ
もろもき夫婦連れ

やらわ行の島根弁(出雲弁、隠岐弁、石見弁)

やらわ行意味
やご子どもが駄々をこねる事
やっきっきじゃんけん
よざる夜更かしをする
ろくにするあぐらをかく
わやくちゃ乱暴なさま

コメント

タイトルとURLをコピーしました