青森県の方言丸わかり!青森弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉方言が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、青森県で日常的に使われている青森弁を紹介します。

スポンサーリンク

青森県の方言(津軽弁、南部弁、下北弁)

方言は一定の地域にある特徴的な話し言葉のことです。
語彙や話法、アクセントなどすべてを含みます。

本州の最北端にある青森県。
そんな青森県には「津軽弁」「南部弁」「下北弁」という3つの方言が存在します。

青森弁とはこの3つの方言を合わせたもの。
青森弁は、同一県内の方言でありながら、まったく違う側面を持っていいます。

津軽弁

津軽弁は南部弁に比べてハッキリした話し方で、南部弁よりも丁寧語を使うことも少なく、やや強い語調です。津軽弁と南部弁ではしゃべる雰囲気も違えば、使う単語自体も違うので、会話が通じないこともあります。

南部弁

南部弁は津軽弁と比べて柔らかい話し方が特徴で、優し気なイメージがあります。敬語や丁寧語の表現が発達しており、その点でもキツい感じがしない方言です。

下北弁

青森県下北半島(むつ市や野辺地町北部)で話される方言であり、津軽方言や北海道方言と似た面がある一方、独自の表現や音韻ががみられる言語です。

あ行の青森弁

あ行意味
あずましい居心地がいい
気持ちがいい
落ち着く
あべ行く
行こう
あやつける気取る
ありがたくなる眠くなる
うとうとする
いぐね良くない
悪い
いずいしっくりこない
心地が悪い
うそこぎ嘘つき
うぬうぬせわしなく
急いで
えふりこく見栄を張る
カッコつける
おだつ調子に乗る
おばんですこんばんは
おんたオス

か行の青森弁

か行意味
がさい
がっちゃい
がっさい
安っぽい
かっこ悪い
ぼろい
かちゃくちゃねむしゃくしゃする
イライラする
がっちゃきできもの
かっちゃましいやかましい
うるさい
うざったい
かにごめん
かぶれくさいカビ臭い
かぶれるカビが生える
がんべできもの
きかない気が強い
きりょーよし美人
食べなさい
けっぱるがんばる
けっぱれがんばれ
けんど
やけぐ友達
こたえる困る
こわい疲れた
しんどい

さ行の青森弁

さ行意味
ざんぎ唐揚げ
したっけそれじゃあね
しね硬い
しばれる非常に寒い
しゃっこい冷たい
じゃんぼ髪の毛
すげね寂しい
せばだばそういうことなら

た行の青森弁

た行意味
たげとても
たんぱらすぐに腹を立てる
気が短い
ちょす触る
いじる
つけらっとしらんぷりをして
ちゃっかり
とろける片づける
きれいにする
どんぱ同学年
同年齢

な行の青森弁

な行意味
あなた
なげる捨てる
なしてなぜ?
なまずるいずるい
なまら凄い
とっても
なんも
なんもだって
いえいえ
どういたしまして

は行の青森弁

は行意味
ばちっこ末っ子
ばっぱい汚すぎる
はんかくさいバカ
馬鹿らしい
へなまずるい(なまずるい)ずる賢い
悪質な
へばさようなら
ほんずなしどうしようもない

ま行の青森弁

ま行意味
まいねダメ
まぐね不味い
みったくなし可愛くない
おいしい
めぐせ恥ずかしい(津軽弁)
醜い(南部弁)
めっぱものもらい
めんこお気に入りの娘
めんこいかわいい
めんたメス
もちょこいくすぐったい

やらわ行の青森弁

やらわ行意味
やっこいやわらかい
やむずきずきと痛む
ゆるくない苦しい
わんつか少し
んだそうだ
んだっすそうです
んだんずそうなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました