千葉県の方言丸わかり!千葉弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、千葉県で日常的に使われている千葉弁を紹介します。

スポンサーリンク

千葉弁

千葉弁は隣接している東京や埼玉と比べて、方言の違いにはっきりとした特徴があるわけではありません。
東京通勤圏ではほとんど千葉弁は廃れているためか標準語と間違われやすく、気づかれないこともあります。

千葉弁には大きく分けて「野田弁」、「房州弁」、「東総弁」の3種類があります。
同じ千葉県内でも「東京・埼玉」よりの地域と「茨城・栃木」よりの地域では、イントネーションやなまりも変わってきます。

あ行の千葉弁

あ行意味
あおなじみ青あざ
あっこむまたぐ
あっぱとっぱあたふた
いぶい
いびい
煙たい
煙が目にしみる
うっちゃるすてる
おいねーだめだ
おかしー恥ずかしい
おっちお味噌汁
おっぴす押す

か行の千葉弁

か行意味
からし食べた後のゴミ
かんくるりんとすっかり
ぎゅうとたくさん
きりょーよし美人
きんのう昨日
けえ食べなさい
このけんこのくらい
こわい疲れた
しんどい

さ行の千葉弁

さ行意味
しちくでーしつこい
くどくどうるさい
じゅんぐり順番
しょーがねー困る

た行の千葉弁

た行意味
だかんだから
だけっとそうだけれども
だますあやす
たまたま初めて
ちっくり背が低い
ちゃける壊れる
ちゃっちゃう捨てる
ちょこしんぼ嘘つき
でれすけだらしがない
とっけいこ交換

な行の千葉弁

な行意味
にすあなた
ねねこ赤ちゃん
のっこのっこ暖かい

は行の千葉弁

は行意味
はらくちお腹いっぱい
ひゃっけ冷たい
ひゃっこひゃっこ寒い
冷たい
ふーがわりー体制が悪い
見苦しい
ぶしかる座る
ぼっける転ぶ
ほねっき思いっきり

ま行の千葉弁

ま行意味
まるっぽまるごと
もってぶる気取る
もやもやしーもったいない

やらわ行の千葉弁

やらわ行意味
やしやしどんどん
よでもねー余計な事
よわる腐る
りきむ自慢する
わーか少し

コメント

タイトルとURLをコピーしました