和歌山県の方言丸わかり!和歌山弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、和歌山県で日常的に使われている和歌山弁(紀州弁)を紹介します。

スポンサーリンク

和歌山弁(紀州弁)

和歌山弁は紀州弁とも言われています。
和歌山弁の特徴としては敬語が少ないことが挙げられます。特に田辺市や新宮市周辺では、ほとんど敬語がありません。
これは和歌山県は昔から「みんな平等」という考え方が根付いていて、年上や上司に対して敬語を使わないで話すことが当たり前となっているためです。

あ行の和歌山弁(紀州弁)

あ行意味
あかい明るい
あかせなダメだ
あが自分
あたとても
あたくる甘える
あらくたい荒々しい
あらくる整理する
あらしてあるじゃないか
あるいる
いっけ親戚
うたとい面倒だ
うら
おいなーよまたおいでね
おおきにありがとう
おがる叫ぶ
おこしいらっしゃい
おたぐらかくあぐらをかく
おとろし恐ろしい
おまはんお前
おもしゃいおもしろい

か行の和歌山弁(紀州弁)

か行意味
かたたかたつむり
きける疲れて弱る
きばる許す
ぎりつむじ
ぐつわりー具合が悪い
けなりいうらやましい
こたぐるこじ開ける
こーとな地味だ
ごんしょいらっしゃいよ

さ行の和歌山弁(紀州弁)

さ行意味
さいら
さえら
秋刀魚(サンマ)
さすはめる
してこ自転車
しゃるく歩く
しゃーないしかたがない
しょくにん大食漢
せーないつまらない
そこまめ落花生
そば(和歌山)ラーメン

た行の和歌山弁(紀州弁)

た行意味
たなる熟す
たる飽きる
だすい粗い
ちっちりこ松かさ
ちゃっとついに
ついり梅雨
つく押す
つむ混む
でばつくものもらい
どうきん雑巾
ともかかと

な行の和歌山弁(紀州弁)

な行意味
ななこお年玉
なんきかぼちゃ
ぬがる刺さる

は行の和歌山弁(紀州弁)

は行意味
はしりごくかけっこ
はずむ贅沢をする
はだうろこ
ひる卵を産む
ぴりきる疾走する
ふーがわるいみっともない
へらこい人懐っこい
べっこう余計なこと
べったびり
ほいないつらい
残念
ぼっきんこ小銭

ま行の和歌山弁(紀州弁)

ま行意味
まっさけ彼岸花
みずせったビーチサンダル
もじく壊す
もじける壊れる
もむない不味い

やらわ行の和歌山弁(紀州弁)

やらわ行意味
やつすおめかしする
やにこいものすごい
よじむる片付ける
わせ私の家
わちゃわちゃめちゃめちゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました