大分県の方言丸わかり!大分弁講座

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、大分県で日常的に使われている大分弁を紹介します。

大分弁

大分の方言の特徴は、独特な表現や「ちゃ」「っち」などと語尾にちょっとした言葉がつくといった特徴があります。
大分の方言は大きく以下の5つに分けられます。
・国東半島東部の「東北海岸方言」
・津久見市南部から佐伯市豊後水道沿岸部の「南部海岸方言」
・日田市・玖珠郡・中津市山国町周辺の「西部方言」
・国東半島東部を除く別府市以北の「北部方言」
・津久見市南部から佐伯市豊後水道沿岸部を除く大分市以南の「南部方言」

スポンサーリンク

あ行の大分弁

あ行意味
あらましいいかげん
あんげあっち
あんたなー~ですねぇ
あだむねをつく当てが外れる
あばかる収容できる
~い~が。(主語を表す)
いきたむながる行きたくないと強く思う
いころ根気
意気地
いちみちきちくりー行って見てきてくれ
いっすんずり車のひどい渋滞
いぬる帰る
いばかりわがまま
いびしー気味が悪い
いみる数量が増える
いらうろこ
うたちー汚くていやだ
うっせーまずい
えごんいーし愛想のいい人
えらしー可愛らしい
えーすろー相手にする
おじー恐ろしい
おしなぎいもったいない
おっちょるいる
おめれとごだいますおめでとうございます
おらぶ叫ぶ

か行の大分弁

か行意味
かかれてください書いてください
かくうつ酒屋の店内で飲むこと
かたる仲間に加わる
がいてー画鋲
かやすひっくり返す
きちょくれ来てください
~き~だから
ぎしめく威張る
ぎっちょ左利き
ぎゅーらしーたいそうな
大げさ
くされ意地悪
くじまえじっぷん8時50分
けちゅうらふざける人
けーまがるくたばる
けとろくつまらぬこと
けんちょいき一張羅
こばす気取って言う
ごてーしん不精者
スポンサーリンク

さ行の大分弁

さ行意味
さかしー元気だ
さじーすばしっこい
ざーねー
だーねー
非常に
多量に
しんけん一生懸命
じりー道などがぬかって歩きにくい
すもつくれん役に立たない
ずつねー苦しい
情けない
ずりきーずるい
せる押す
そーでーそうだよ

た行の大分弁

た行意味
だぶとんどーどざぶとんをどうぞ
ちょくしばり酒を飲ませて恩に着せ自分の思うようにすること
できられん絶対できない
とこなえ婿養子をもらった家付きの女性
どべビリ

な行の大分弁

な行意味
なおす片付ける
にごじゅーお手上げ
ねぶる舐める
のきぶとり立ち退きの補償金で裕福になること

は行の大分弁

は行意味
はわく掃く
ひかり出し合いの会飲
ひらくちふだんの物言い
へのつっぱりにもならん全く役に立たない
ほげでたらめ

ま行の大分弁

ま行意味
むげねーかわいそうだ
めんどしーはずかしい
面倒くさい

やらわ行の大分弁

やらわ行意味
やつがい晩酌
よだきー億劫だ

スポンサーリンク