鹿児島県の方言丸わかり!鹿児島弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、鹿児島県で日常的に使われている鹿児島弁を紹介します。

スポンサーリンク

鹿児島弁

鹿児島弁は、薩隅方言、薩摩語、薩摩言葉とも言われています。

あ行の鹿児島弁

あ行意味
あったらしかもったいない
あばてんねたくさん
いけなどんな
いっぺこっぺたくさん
いてお湯が熱い
いめじん
いめじんごろ
内気な人
臆病者
うがみんしょーらんこんにちは
うそひーごろうそつき
うっかた家内
うんにゃいいえ
おい
おいどん俺たち
おかべ豆腐
おさいじゃすいらっしゃる
おまんさーあなた
おやっとさーお疲れ様
おやっどんお父さん

か行の鹿児島弁

か行意味
かかどんお母さん
かずん嗅ぐ
~かた~すること
~しているところ
からいもさつまいも
がっついちょうど
ぴったり
~がなつ~ことができる
がらるられる
きばっ頑張る
きょらさきれいだ
きんとすわっ正座する
きっさなか汚い
ぎったゴム
きばいやんせ頑張って
ぐらしかかわいそうだ
来い
~けりゃー~だったんだ
げんね恥ずかしい
ごあすございます
~ごた~のようだ
~したい
こどんこども
こまっ困る
ごわすございます

さ行の鹿児島弁

さ行意味
さしかぶりお久しぶり
さだっにわか雨
~し人々
しったれ末っ子
じゃっどんだけど
しかし
~じょ~さん
すんくじら隅っこ
ずんだれだらしのない人
ずんばいたくさん
せっ
~せー~して

た行の鹿児島弁

た行意味
たもっ食べる
だいやめ晩酌
~だりょーん~です
だれた疲れた
ちぇすとそれ
ちゃじょおけお茶漬け
ちんがらっめちゃくちゃ
てぃだ太陽
てげてげ中くらい
てせ疲れる
とぜんねさみしい
~ど~よ
~どん~さん

な行の鹿児島弁

な行意味
ないごちなぜ?
なおす片付ける
なおっ移る
にせ青年

は行の鹿児島弁

は行意味
はえ南風
はげぃーあらまぁ
ばってしかし
ばば通り
ぱん食わん
~ひこ~だけ
ひっちゃゆっ落ちる
びんた
首から上
ぶえん鮮魚
へっ肩から背中にかけての部分
ぼっけもん大胆な人

ま行の鹿児島弁

ま行意味
むぞかかわいい
もす~ます

やらわ行の鹿児島弁

やらわ行意味
やぜろしかうるさい
やっせん役に立たない
やまいもほっ酔ってくだをまくこと
やんかぶっ髪の毛がぼさぼさだ
わっぜ大変
とても
わらべぃんきゃ子どもたち
んだもしたんあらまあ

コメント

タイトルとURLをコピーしました