奈良県の方言丸わかり!奈良弁(大和弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、奈良県で日常的に使われている奈良弁(大和弁)を紹介します。

スポンサーリンク

奈良弁(大和弁)

奈良県の方言は大和弁とも呼ばれています。
奈良県の方言は、天辻峠・小南峠・伯母峰峠を境に、北中部の北部方言と奥吉野の南部方言(奥吉野方言)に大きく二分されます。

奥吉野方言はなまりや言葉が昔ながらのものが多く、若干東京アクセントなのが特徴です。

あ行の奈良弁(大和弁)

あ行意味
あいさにたまに
時々
あいやこ共有
あまいお菓子の総称
あんじょううまく
いけいけ間に合わせ
相殺
いっけ親戚
いぬ帰る
いのく動く
いらう触る
うんつく馬鹿者
えらいたいそう
大変
えーし資産家
良い家柄
おとろしい面倒

か行の奈良弁(大和弁)

か行意味
かいとまわり青大将(へび)
かえこと交換
がしんたれけち
きけた疲れた
きさんじ素直
きまじめ
きっしょしおどき
くもじ大根菜の漬物
けなるい羨ましい
こころわるい気持ちがよくない
不快
こすいずるい
ごんたいたずらっこ

さ行の奈良弁(大和弁)

さ行意味
さかめいる酒乱
しょーぶわけ形見分け
しわいけち
しらこい白々しい
じょうだりいつも
ずつない体調が悪い
気分が悪い
せすい利益が薄い
せたらう背負う
せんぐり次々に
せんど何度も
そーのー家屋に隣接する畑

た行の奈良弁(大和弁)

た行意味
たいこうさん背丈の低い人
ため贈答品の返礼
ちょこぼるしゃがむ
つかえる混雑する
つべいできる
てれこ反対
てんごする戯れる
いたずらする
とこぎり徹底的に
十分に
とこねん夕涼み用の台
とっきょり祭りなどの祝日
どやぐ大声で叫ぶ

な行の奈良弁(大和弁)

な行意味
ながたん包丁
なかなかどういたしまして
なんじゅー困る
ねきそば
近く

は行の奈良弁(大和弁)

は行意味
はそん修繕
はわすもらいものをよそへ回す
はんざいこ隙間
はんつ数の不揃い
ひだるがみ山中にでる悪霊
ひやこい冷たい
へちゃブス
ほげたあく口答えする
ほーせきおやつ
ぼっこすごい
ひどい

ま行の奈良弁(大和弁)

ま行意味
まとう弁償する
まわり準備
もむない不味い
おいしくない

やらわ行の奈良弁(大和弁)

やらわ行意味
やくたい手のつけようもない
やにこい粗悪で貧弱な
よさり
ろっく平坦
平ら

コメント

タイトルとURLをコピーしました