長崎県の方言丸わかり!長崎弁講座

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、長崎県で日常的に使われている長崎弁を紹介します。

スポンサーリンク

長崎弁

長崎弁は博多弁や熊本弁などと同じく、終助詞の「ばい」「たい」や準体助詞の「と」、逆接の「ばってん」、形容詞語尾の「か」などの共通する特徴があります。

あ行の長崎弁

あ行意味
あい/こいあれ/これ
あいばねーじゃあね
あかちょかべあーかんべ
あせがるあわてる
急ぐ
あったらか惜しい
あもよ
あもじょ
おばけ
いが赤ん坊
いっちょく放っておく
いっちょんちっとも
全然
いらクラゲ
うったたく叩く
殴る
うったまぐるびっくりする
うてあう相手にする
うんにゃいいえ
違います
えすか怖い
えんち/おんがた自分の家
おいわたし
おうどか生意気
おえかぶる髪の毛や雑草が伸びている状態
おごらる叱られる
おっちゃける落ちる
おっとろし驚いた時に言う
おとろしか恐ろしい
おめく叫ぶ
おーどもん横着者
おーばんぎゃーな無謀な
スポンサーリンク

か行の長崎弁

か行意味
かずむ嗅ぐ
かたる仲間に入る
話をする
からう背負う
~がと~分
きばる頑張る
きびしょ急須
きびる物を縛る
きゃーなえるひどく疲れる
きんなか黄色い
ぎゃーなか頑固だ
ぐーばみる苦労する
けったくる蹴とばす
こっぺのわるかきまりが悪い

さ行の長崎弁

さ行意味
さかとんぼさかさま
さばく髪をとかす
さぶなか味が薄い
さるく歩く
しかぶるお漏らしをする
~しこ~だけ
しゃっちで何が何でも
しょたくれ
ずんだれ
だらしない
すーすーす肌寒い
すそご
しりご
末っ子
すらごつ
そびく引っ張る

た行の長崎弁

た行意味
たぎる沸騰する
ちんちょか大変に珍しい
ちんわすれるうっかり忘れる
つんのむ連れ立っていく

つーくれ
かさぶた
かす
てれんぱれんぶらぶらと何もせず
とんすい陶製の匙
どーはっしぇん南京豆
どーもありがとう

な行の長崎弁

な行意味
ねずむつねる

は行の長崎弁

は行意味
はだぐい間食
はってく立ち去る
はらかく腹を立てる
はわく掃く
ばさらっかずさんだ
~ばしするごと~もしないくせに
ばたぐるう苦しくて暴れる
ばちかぶる罰が当たる
ばってんだが
ばんこ踏み台
ひけしか臆病だ
ひっとずるちょっと出る
ひゅーなし無精者
ひんのむ飲み込む
びっしゃげる押しつぶされる
びーどろつらら
ふとか大きい
ふのわるか運が悪い
ぶくれる溺れる
へをふるおならをする
べんたろさんお人形さん
ほげる
ほがす
穴があく
穴をあける
ほめく暑くなる
ほーらつか途方もない
ぼーぶらカボチャ

ま行の長崎弁

ま行意味
まおなき仰向け
まっぽし真正面
みじょかかわいい
みどーかかわいそうだ
むすこんこ男の子
むすめんこ女の子

やらわ行の長崎弁

やらわ行意味
やおなか難しい
やぐらしかうるさい
やーのいおばつる寝小便をする
よんにゅーたくさん
スポンサーリンク