福井県の方言丸わかり!福井弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、福井県で日常的に使われている福井弁を紹介します。

スポンサーリンク

福井弁

福井県は県の中心あたりにある南越前町と敦賀市を境に、北部を嶺北(れいほく)、南部を嶺南(れいなん)と呼ばれています。
福井県の方言は嶺北と嶺南に大きく分けられます。

あ行の福井弁

あ行意味
あかる
あける
こぼす
あたる貰う
あっぱ大便
あばさけるふざける
あやバカ
アホ
あんねー不味い
美味しくない
いごくりわるい意地が悪い
うざくらしいうっとおしい
目障り
煩わしい
うそこき嘘つき
うらわたし
うららわたしたち
おじぼん次男
おちょきん正座
おとましー惜しい
おめでとごじぇんすおめでとう
おもいでなぁ気持ちがいいなぁ
幸せだなぁ

か行の福井弁

か行意味
かすかたる生意気
かぜねつ口内炎
かたいけの?元気だった?
けなるいうらやましい
こすいずるい
こそばくくすぐる
こっぺ生意気
ませていること
こんじょよし根性が悪い

さ行の福井弁

さ行意味
しなっと何気なく
じゃみじゃみテレビの砂嵐
じょろかくあぐらをかく

た行の福井弁

た行意味
だわもん面倒くさがり
怠け者
だんね心配ない
ちびたい
ちびてぇ
冷たい
ちみちみするつねつねする
ちゅんちゅんとても熱い
ちきない
ちきねー
てきない
疲れた
具合が悪い
つるつるいっぱい溢れるほどいっぱい
てっかまっか真っ赤
てなわんずる賢い
てんこな
でんごな
てんごーな
乱暴な
粗暴な
ひどい

な行の福井弁

な行意味
ねんしゃん丁寧な人

は行の福井弁

は行意味
ばい
ばっちゃ
ばっちくそ
ざまあみろ
はよしね早くしなさい
へちゃ
へちゃむくれ
ブス
不細工
ほうけそうか
ほやほやそうだ

ま行の福井弁

ま行意味
みたむないかわいくない
ブス
もつけねぇかわいそう
ものごうなる
ものごなる
心配になる
悩んでしまう
もんつきない
もつけねぇ
もちけねぇ
かわいそうな

やらわ行の福井弁

やらわ行意味
よわった疲れた

コメント

タイトルとURLをコピーしました