三重県の方言丸わかり!三重弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、三重県で日常的に使われている三重弁を紹介します。

スポンサーリンク

三重弁

三重弁は大きく北三重方言と南三重方言の2つに分かれます。
北三重と南三重の境界は、伊勢市と鳥羽市の境界から、伊勢市南部、度会郡中部を横断し、多気郡の南境になります。

あ行の三重弁

あ行意味
あいべ歩け
行け
あたりがぼーくじびき
あちこちさかさまだ
あばばい
あばば
まばゆい
あんごバカ
いっぷり
いっぷりかき
短気で偏屈な人
扱いにくい人
変わり者
うそたれ嘘つき
えせむ妬む
うらやましがる
えらい疲れた
しんどい
おいないいらっしゃいよ
おじくそ
おじくそたれ
おじみそ
意気地なし
臆病者
おなかがおおきいお腹がいっぱいになる
おむしお味噌
おもしゃい
おもしょい
おもしろい

か行の三重弁

か行意味
かいだるいだるい
かい痒い
かなん困った
かんぴんたん干からびた状態
きしょくええ気持ちがいい
けったくそわるい腹が立つ
けなりいうらやましい
ごうわくいらいらする
腹が立つ
こすいずるい
ごんたいたずらっこ
悪さをする子

さ行の三重弁

さ行意味
ささって3日後
しあさって
しあさって4日後
しもてく亡くなる
しょぼい貧弱な
ずっこいするい
せーだすがんばる

た行の三重弁

た行意味
つむ混む
どえらいとても
ものすごく

な行の三重弁

な行意味
なっどなぜ?

は行の三重弁

は行意味
ばばい汚い
はばいい
ばばやい
まぶしい
ひやかい
ひやっかい
冷たい
ぼっこ値打ちのないさま
ほっこりした疲れた

ま行の三重弁

ま行意味
みじゃく壊す

やらわ行の三重弁

やらわ行意味
やうち(家族)みんな
やっとかぶりお久しぶり
わやくいたずら

コメント

タイトルとURLをコピーしました