山梨県の方言丸わかり!山梨(甲州)弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、山梨県で日常的に使われている山梨(甲州)弁を紹介します。

スポンサーリンク

山梨弁(甲州弁)

山梨県で使われる方言は甲州弁と呼ばれています。

甲州弁には大きく2種類あり、エリアによって表現方法が異なります。
御坂山地と大菩薩嶺を境に西エリアに位置する国中地方は「東海東山方言」、東エリアに位置する郡内地方は「郡内弁」が使われています。

あ行の山梨(甲州)弁

あ行意味
いくねん?何年?
いくんち?何日?
えらい疲れた
おじょーもん美人
おつかれなってお疲れ様です
おばやんおばさん
おはようごいすおはようございます
おぼこさん蚕(かいこ)
おまん
じぶん
あなた
おまんとうあなたたち
おめしとーごいすおめでとう
おれおれ(女性が使う)

か行の山梨(甲州)弁

か行意味
かじる掻く
けったりぃだるい
けぶってぇ煙たい
ござんすございます
こっちんこっちが
こっぱずかしー恥ずかしい
こぴっとちゃんと

さ行の山梨(甲州)弁

さ行意味
さむしーさびしい
せっこみやあわてんぼう
せっかち
せっこむあわてる
急ぐ
せんみつ嘘つき

た行の山梨(甲州)弁

た行意味
だけんどそうだけれども
ちゃきーずるい
ちょびちょびする調子づいてでしゃばる
つべてー冷たい
つらっぱしないあつかましい
どぉいで?どうして?
どけぇどこへ

な行の山梨(甲州)弁

な行意味
ぬけさくバカ
のぶい図々しい

は行の山梨(甲州)弁

は行意味
はしかいすばしこくてずる賢い
はんで急いで
ひどろいまぶしい
ぶき不器用
ほーずら
ほうだね
そうだね
ぼここども
赤ちゃん

ま行の山梨(甲州)弁

ま行意味
まっちゃかもんしたたかで執念深い人
ももすくすぐる
ももっちいくすぐったい

やらわ行の山梨(甲州)弁

やらわ行意味
わるかったじゃんすみません
ごめんなさい

コメント

タイトルとURLをコピーしました