神奈川県の方言丸わかり!神奈川弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、神奈川県で日常的に使われている神奈川弁を紹介します。

スポンサーリンク

神奈川弁(神奈川方言)

横浜・川崎・相模原と全国で唯一政令指定都市が3市ある都道府県「神奈川県」
関東の主要都市で都会のイメージも強い神奈川県にも方言はあります。

神奈川県の言葉は、西関東方言とも呼ばれ、横浜弁・川崎弁・秦野弁・湘南弁・平塚弁・藤沢弁・三崎弁・横須賀弁・小田原弁・西湖弁などの多数存在する方言を総称して神奈川方言といいます。

あ行の神奈川弁

あ行意味
あるって歩いて
あんきだ安心だ
あんで?なんで?
あんべぇ塩梅
うそんこ
うっちゃる捨てる
うねう耕す
うんねっかる寄りかかる
うんめろたくさん
おっかねー怖い
おっぺがすはがす
おっぺす押す
おやげねえかわいそう
気の毒

か行の神奈川弁

か行意味
かたす片づける
かったるい面倒
疲れる
かっぺらう盗み取る
かどっこ
がめる困る
かんますかきまわす
きける載せる
くっちゃべるしゃべる
けっさらう
けっぱぐる
蹴り飛ばす
こっちかしこちら側

さ行の神奈川弁

さ行意味
さびっ寒い
したっけ~だから
~したら
しゃっこい冷たい
じゃん~でしょ
すばしっけぇ動きが俊敏
すんげえすごく

た行の神奈川弁

た行意味
とっぽいかっこいい
ちょこっとちょっと
少し

な行の神奈川弁

な行意味
にまいじた嘘つき
のうのうさん仏様

は行の神奈川弁

は行意味
ぴーぱん(Pぱん)ブルマ
へたこたたくさん
べんきょーするがんばる
ほかる捨てる
ぼこすひどい目に合わす
ぼっこすぶっ壊す

ま行の神奈川弁

ま行意味
まぐれっこ迷子
まんまじっこままごと
むっかむてん夢中で
めーめーこーじかたつむり

やらわ行の神奈川弁

やわら行意味
ゆんべ昨夜
よこっちょ
よこいり割り込み

コメント

タイトルとURLをコピーしました