愛媛県の方言丸わかり!愛媛弁(伊予弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、愛媛県で日常的に使われている愛媛弁(伊予弁)を紹介します。

スポンサーリンク

愛媛弁(伊予弁)

愛媛県の方言は大きく3種類に分かれます。
愛媛の中部地域にある松山市を中心とした中予の方言、西条市や新居浜市、四国中央市がある東予の方言、八幡浜市や宇和島市がある南予の方言の3つに分かれます。

また愛媛の方言を総じて伊予弁と呼びます。

あ行の愛媛弁(伊予弁)

あ行意味
あらける間隔をおく
あらやけ食器洗い
あろんあれをご覧
あんきまごろくのんきもの
いいえのことよどういたしまして
いどおしり
いでらしい長持ちしている
いなげな奇妙な
いやな
いぶしこぶしでこぼこ
いんでこーわい帰ります
うずむ抱きかかえる
えっぽどよほど
えんこ河童
おせらしい大人っぽい
おっとろしいびっくりした
おっぽおんぶ
おとどしい久しぶり

か行の愛媛弁(伊予弁)

か行意味
かく運ぶ
かまん問題ない
かるう背負う
かわくろしい喉が渇いて苦しい
かんち芯の残るご飯
がいな強い
がいに非常に
たいそう
きっぽ傷跡
きない黄色い
ぎりばかり
だけ
くじくる不平を言う
けっこい美しい
けつる蹴る
けつまぐる転ぶ
ごくどされごくつぶし

さ行の愛媛弁(伊予弁)

さ行意味
さいさい何度も
度々
しゃぐ押しつぶす
しゅむ鼻をかむ
しょうけご飯を入れるザル
じるたんぼぬかるみ
そうたいぶりひさしぶり

た行の愛媛弁(伊予弁)

た行意味
たいぎいおっくうだ
たいたい魚の幼児語
たごる咳をする
だんだんありがとう
ちんちべべきれいな着物
ついな同じ
そっくりな
つばえるじゃれる
つべかやりでんぐり返り
とんぼ返り

な行の愛媛弁(伊予弁)

な行意味
ねきすぐ近く
そば
ねんがける狙う
目を付ける
のふぞー粗末

は行の愛媛弁(伊予弁)

は行意味
はせだ仲間外れ
はちこるはびこる
はなのす鼻の穴
はねがい互い違い
はぶてるふてくされる
ばう奪い合う
びんだれだらしのない人
へっちょ見当違い
へんじょうこんごう理屈
へーさし長い間

ま行の愛媛弁(伊予弁)

ま行意味
まがられん触ってはいけない
みぞい短い
むつこい脂っこい
めぼものもらい
めんどしい恥ずかしい
下品
もんた帰ってきた

やらわ行の愛媛弁(伊予弁)

やらわ行意味
やおい柔らかい
やぎね軒下
やねこいめんどう
気難しい
やりつける疲れきる
バテる
よもだいい加減な人
無責任な
らーふる黒板消し
らっしもないとんでもない

コメント

タイトルとURLをコピーしました