広島県の方言丸わかり!広島弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、広島県で日常的に使われている広島弁(安芸弁、備後弁)を紹介します。

スポンサーリンク

広島弁

広島県の方言は、西部(広島市や呉市など)の広島弁(安芸弁)と、東部(福山市や尾道市など)の備後弁に分けられます。
広島弁は山口県や島根県の方言と近く、備後弁は岡山弁と近い部分があります。

あ行の広島弁(安芸弁、備後弁)

あ行意味
あつい痛い
あらましな荒っぽい
雑な
いけんいけない
いたしい難しい
いどおしり
いなげな変な
いぬる帰る
いびしー
いびせい
気味が悪い
汚らしくていや
いらう触る
えーがのいいじゃないか
えらい疲れた
しんどい
えっとたくさん
いっぱい
おはようがんすおはようございます
おばる痛い
おめでとーがんすおめでとう
おんびん
おんびんくそ
おんびんたれ
こわがり
臆病者

か行の広島弁(安芸弁、備後弁)

か行意味
がめるちょろまかす
かもうからかう
かる借りる
がんすございます
きちゃにゃー汚い
きっぽ傷跡
ぎりつむじ
くたぶれた疲れた
くつばいーくすぐったい
けー来い
げにほんとうに
こう買う
こーへぇ生意気
ませている
こすいずるい

さ行の広島弁(安芸弁、備後弁)

さ行意味
しごんならん手に負えない
しごんぼうやんちゃ坊主
いたずらっこ
しにる
しにいる
青あざ
じゃけえ
じゃけん
だから
すばろーしいうるさい
やかましい
せせろーしいうるさい
せらうやきもちを焼く
嫉妬する
うらやむ
そがいにそんなに

た行の広島弁(安芸弁、備後弁)

た行意味
たいぎいおっくうだ
だいじない差し支えない
たう届く
たちまちとりあえず
まず
ちびる減る
てーさいこく気取る
でぶちんおでこ
どーなろーにどうしようもない
お手上げ
どぎゃーなどう
どんな

な行の広島弁(安芸弁、備後弁)

な行意味
なんぼう幾ら
にがる鈍い痛み
ぬくめる温める
ねきそば
近く
ねぶるなめる

は行の広島弁(安芸弁、備後弁)

は行意味
はぐいいはがゆい
はぐるめくる
はしる痛む
はぶてるすねる
ふてくされる
ひやい冷たい
ふうがわるい体裁が悪い
ぶちとても
大変
ほうじゃあのうそうだなあ

ま行の広島弁(安芸弁、備後弁)

ま行意味
まひげ眉毛
みてる無くなる
みやすい簡単
むつこい味がしつこい
めぐ壊す
めぼ
めんぼ
めべーとー
ものもらい
めめくそ目ヤニ

やらわ行の広島弁(安芸弁、備後弁)

やらわ行意味
やおいやわらかい
やさしい
弱い
やねこいいやらしくて
しつこい
われあなた

コメント

タイトルとURLをコピーしました