北村麻子の旦那や父親は?経歴とねぶた作品制作キット通販も!

皆さんは、史上初の女性ねぶた師 ”北村麻子”さんをご存知でしょうか?

東北三大祭りのうちの1つで、国の”重要無形民俗文化財”に指定されている「青森ねぶた祭り」。

その主役であるのが、「ねぶた」です。

そのねぶたを制作する仕事を務めるのが”ねぶた師”と呼ばれる方々であり、北村麻子さんは史上初の女性ねぶた師として注目を集めています!

 

ねぶたといえば巨大なパーツを制作したり、ノコギリなどを使用したり、高所での作業が多いですよね。

体力を要し危険が伴う仕事であることから、男性がご活躍されているイメージが強いのでとっても興味深い女性です!

お仕事とプライベートの両立も大変な印象を受けます。

 

そんな北村麻子さん、「家族構成はどのようなものなのか?」「いったいどんな経歴をお持ちなのか?」「どのように活躍されているのか?」といったことが気になりますね。

そこで、今回の記事では以下についてまとめました。

・北村麻子の旦那と父親 家族について

・北村麻子の経歴とプロフィール

・北村麻子/ねぶた作品制作キット通販

それでは、くわしくみていきましょう!

北村麻子の旦那と父親 家族について

史上初の女性ねぶた師として有名な北村麻子さん。

そこで、北村麻子さんの旦那さんや父親、家族についてくわしくまとめました。

スポンサーリンク

北村麻子の旦那

北村麻子さんは2012年にご結婚されています

旦那さんと2人の子供がいらっしゃるそうです。

 

旦那さんは年下の男性という情報がみつかりました。

他に目立った情報はみられませんでしたが、ねぶた師として活躍される北村麻子さんを、献身的に支えている男性なのではないかと予想できますね♪

 

またお子さんは2人で、2020年12月のインタビュー時点では、子供2人の年齢を4歳と0歳10か月と答えていらっしゃったようです。

こちらの情報が正しければ、2022年8月現在で6歳と2歳6か月です

 

過去にこちらの雑誌に、”お子さんを抱っこしている北村麻子さんと、その隣に立つもう1人のお子さんの写真”が掲載されたこともあるようです。

お忙しい中、お仕事と子育てを両立されていることが伺えます。^^

お子さんも母親である北村麻子さんの影響を受け、ねぶたに興味を持つかもしれませんね。

北村麻子の父親

北村麻子さんの父親は、第6代ねぶた名人の北村隆さんです。

北村麻子さんと父親・北村隆さんが一緒に写った写真がありましたので、以下に貼っておきます。

画像の左に写っているのが北村麻子さんで、真ん中に写っているのが父親・北村隆さんです。

少し面影があるようにも感じますね♪

 

以下、北村隆さんのプロフィールです。

北村隆さんは1948年、青森県で双子の兄として生まれました。

ねぶたに触れ始めたのは小学4年生の頃。

そこからねぶたに熱中した人生を送り、2012年には「第6代 ねぶた名人位」を顕彰されました。

実はそんな北村隆さん、娘である北村麻子さんがねぶた師を目指したきっかけとなった人物なんです。

 

北村麻子さんは卒業後、巫女や接客業など様々なお仕事を経験しました。

しかし、自分に合う仕事を見つけることはできなかったそうです。

職を転々としていた頃、2007年に父親・北村隆さんが制作した「聖人聖徳太子」でねぶた大賞を受賞します。

そして、そのことに大きく心を動かされた北村麻子さんは、ねぶた師を目指すことにしたそうです!

 

きっと父親・北村隆さんもとても嬉しく思っているでしょうね♪

スポンサーリンク

北村麻子の家族

先ほど父親である北村隆さんに触れましたが、ここでは北村麻子さんの父親以外のご家族についてまとめていきます。

 

北村麻子さんは4人きょうだいの3番目、二女です。

そのため兄と姉に加えて、弟もしくは妹がいらっしゃると考えられますね。

また母親についてですが、一般の方のようで、情報はありませんでした。

北村麻子の経歴とプロフィール

次に、北村麻子さんの経歴とプロフィールについてまとめていきます。

北村麻子の経歴

史上初の女性ねぶた師として奮闘される北村麻子さん、いったいどのような経歴をお持ちなのでしょうか?

北村麻子さんがねぶた師になろうと思ったきっかけは、父親・北村隆さんの作品「聖人聖徳太子」です。

しかし、当初は「女にねぶたは作れない!」と認めてもらえませんでした。

 

それでも諦めることができなかった北村麻子さんは、独学でねぶた作りに挑戦します。

その才能が認められ、見事父親・北村隆さんに弟子入りしました。

 

そして2012年、青森市民ねぶた実行委員会から依頼が入り、デビューを果たして、「琢鹿(たくろく)の戦い」という作品で優秀製作者賞を受賞

ここまでが、ねぶた師を目指してからデビューまでの流れです。

 

父親の才能がありながらたくさんの努力をされてきたことが伺えて、感銘を受けますね。

 

そんな北村麻子さん、デビュー後も多くの作品を残し注目を集めています

以下にまとめました。

・2012年 「琢鹿の戦い」 ☆優秀制作者賞

・2013年 「川中島」

・2014年 「浅草観音誕生」

・2015年 「平将門と執金剛神」 ☆優秀制作者賞、観光コンベンション賞

・2016年 「陰陽師、妖怪退治」 ☆優秀制作者賞、商工会議所会頭賞

・2017年 「紅葉狩」 ☆最優秀制作者賞、ねぶた大賞

・2018年 「入雲留 公孫勝」 ☆優秀制作者賞、市長賞

・2019年 「神武東征」 ☆優秀制作者賞、知事賞

改めて、作品の注目度の高さが伝わりますね。

受賞する賞の多さにも驚きです^^

 

川村麻子さんの公式サイトの方で、それぞれの作品の画像も見ることができます。

気になる方は是非、チェックしてください♪

北村麻子のプロフィール

気になる北村麻子さんのプロフィールについて、以下にまとめました♪

・名前:北村麻子(きたむら あさこ)

・生年月日:1982年10月

・出身:青森県

・趣味:ガーデニング

・特技:ねぶた制作

・高校:青森県立青森西高等学校卒業

・職業:ねぶた師  ☆史上初女性ねぶた師

北村麻子さんは、現在40歳、2児の母です。

かわいらしい容姿も注目を集めていますね。

北村麻子/ねぶた作品制作キット通販

ねぶた師として奮闘し続けている北村麻子さん、一般の方々に向けて「ねぶた制作キット」を販売されています!

2022年8月時点で、2種類のキットが販売されていました。

1つは、”立方形2コセット オールマイティーキット” 3,500円(税込)。

ねぶた制作の入門編だそうです!

制作に必要な材料と実際のねぶたで使用する染色5色セットが入っています。好きな柄を選んで制作できるのがポイントですね♪

Youtubeにて作り方も公開されていますので貼っておきますね^^

 

そしてもう1つは、”ねぶた面制作オールマイティーキット” 5500円(税込)。

こちらは先ほどのキットよりも難易度が高く、所要時間も6時間とより本格的なキットになっていますね。

制作に必要な材料、実際のねぶたでも使用される墨、ポスターカラー、染料が入っています。

こちらも作り方が公開されていました!安心ですね。

 

興味のある方は、是非購入してみてください♪

まとめ

今回は、「北村麻子の旦那と父親 家族について」「北村麻子の経歴とプロフィール」「北村麻子/ねぶた作品制作キット通販」についてくわしくまとめました。

 

北村麻子さんには、旦那さんと2人の子供がいらっしゃるそうです。

お子様は2022年8月現在で6歳と2歳6か月だと考えられます。

プライベートも充実されていらっしゃいますね♪

 

北村麻子さんの父親は、第6代ねぶた名人の北村隆さんです。

実は北村麻子さんがねぶた師を目指すきっかけになった人物が、父親・北村隆さんなんです。

今では良きライバルとして、2人で真剣勝負を繰り広げています。注目ですね!

 

北村麻子さんは1982年10月生まれ・現在40歳、2児の母でありながら史上初の女性ねぶた師として活躍されています。

デビュー作は2012年「琢鹿の戦い」で、優秀制作者賞を受賞しています。

その他にも多くの作品で数多くの賞を受賞されています。

公式サイトに作品名と画像が載っていますので、是非チェックしてみてください♪

 

また、北村麻子さんはねぶた制作を多くの方に体験してもらうため、ねぶた作品の制作キットを販売されています!

入門編と少し難易度の高いキットの2種類が販売されており、Youtube上で分かりやすい作り方の動画も公開されています。

こちらも公式サイトにて購入できますので、是非チェックしてみてください^^

 

北村麻子さんの今後の活躍が楽しみですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク