秋田県の方言丸わかり!秋田弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、秋田県で日常的に使われている秋田弁を紹介します。

スポンサーリンク

秋田県の方言

秋田県の方言は、北部方言(鹿角・大館北秋田・能代山本)・中央方言(秋田・男鹿・潟上南秋田)・南部方言(大仙仙北・横手・湯沢雄勝・本荘由利)に大別されます。

あ行の秋田弁

あ行意味
あがってけろどうぞお上がりください
あがる終わる
あぐどかかと
あしかまり足のにおい
あばづく甘える
あべたふり知ったかぶり
あめかまり腐った臭い
あんびもち大福もち
いじくされ
いじくさり
いじわるな人
強情を張る人
いだましいもったいない
かわいそう
うしろどんこ後頭部
うなじ
うそこぎ嘘つき
うたてー
うたちー
おたてー
気持ちが悪い
気味が悪い
うるがす浸す
えーふりこくー気取る
えせるいたずらする
邪魔する
えっかだ
いっかだ
いつも
おがたくさん
おしろっこ味噌汁
おしょし恥ずかしい
おったつくたびれる
疲れた
おどでな一昨日
おべだ知っている
おめでとがんすおめでとう
おもやみ心配
おらおれ

か行の秋田弁

か行意味
がおる困る
かだぎ食事
かちゃぺ品がない
下品
かっちゃお母さん
かっちゃぐひっかく
かっちゃまあべこべに
かまりにおい
香り
食べる
くされたまぐら役に立たないもの
くっつめる頬張る
来い
かゆい
食べなさい
けっち
けちたっぽ
おしり
けっぱるがんばる
こうぇ疲れた
こちょますくすぐる
このげ眉毛
こぼほりしつこい
根深い
ごめしてけれ許してください

さ行の秋田弁

さ行意味
しかだねぇ申し訳ない
しぎでね好きじゃない
じぐなし
ずくなし
勇気がない
小心者
意気地なし
じほこきうそつき
しゃっこい冷たい
しょーし恥ずかしい
すばらしいうるさい
ずろすけずるい人

た行の秋田弁

た行意味
ちょす
ちょうす
さわる
てぼげ
てぼこ
てぼっきゃ
不器用な人
とじゃねさびしい
とっちゃお父さん
どぶでずるい
どやぐ仲間
友達
どやへば
どやせば
どせば
どへば
どうすれば

な行の秋田弁

な行意味
なじきおでこ
なしてなぜ?
のさばる甘える

は行の秋田弁

は行意味
ばがけバカ
ばっち
ばっつ
末っ子
びしん美人
ぶしょたがりだらしない
不潔
ふとめわり恥ずかしい
へんへせんせい
ほいど
ほいと
欲張り
ケチ

ま行の秋田弁

ま行意味
まじなさようなら
まなぐ
まなご
みったくなしかわいくない
ブス
めんけかわいい

やらわ行の秋田弁

やわら行意味
やちもないしょうがない
つまらない
よろた
よろたっぽ
ふともも

コメント

タイトルとURLをコピーしました