宮城県の方言丸わかり!宮城弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、宮城県で日常的に使われている宮城弁を紹介します。

スポンサーリンク

宮城県の方言

宮城県で使われる方言は主に仙台弁と呼ばれており、昭和初期までは旧仙台藩領内共通の言語として使われていました。

仙台弁は県北部で話される「三陸方言」、県南部で使われる「仙南方言」、仙台市内等都心部で使われる「仙台方言」の3つに分類することができます。

あ行の宮城弁

あ行意味
あちこたない
あちこたねぇ
大丈夫
心配ない
あっぺとっぺうろおぼえ
ごちゃまぜ
いがすいいです
遠慮します
いきなり
いきなし
とても
すごく
いずい
えずい
しっくりこない
心地が悪い
具合が悪い
いやすいやしい
欲張り
うそこぎ嘘つき
うたてー
うたちー
おたてー
気持ちが悪い
気味が悪い
うるかす(水に)浸す
えぐりわるい意地が悪い
えらすぐねえかわいくない
憎たらしい
えらすこい
えらすけ
かわいい
愛らしい
おしょすい
しょすい
しょしい
恥ずかしい
おだつ調子に乗る
おはよがすおはよう
おばんですこんばんは
おぼこ赤ちゃん
小さな子ども
おみょーにち
おみょうぬづ
また明日
おやかた
おやがだ
長男

か行の宮城弁

か行意味
がおった
がおる
疲れた
がが
かすけー賢い
がほらん空っぽ
ぎりぎりむりやり
きんどる気取る
ぐずらもずらぐずぐずする
食ってけさいん食べてください
けっぱる頑張る
来ねが?来ないかい?
ごっしゃぐ
ごしゃぐ
怒る
このげ眉毛

さ行の宮城弁

さ行意味
さらさえぼ
さらさらいぼ
鳥肌
ししゃます困る
しずねうるさい
しずねっこやかましい
しばれる非常に寒い
しゃっこえ
ひゃっこい
冷たい
すげなぇさびしい
すける手伝う
すびらっこえずるい

た行の宮城弁

た行意味
だからねそうだよね
たごまる絡まる
固まる
たばこ休憩
たんぱらすぐに腹を立てる
気が短い
ちゃ~のだ
~のよ
ちょすいたずらする
いじる
とぜんさびしい
どでる驚く
どでんしたびっくりした

な行の宮城弁

な行意味
なげる捨てる
なじょしたらいがんべな?どのようにしたらいいでしょう?
なじょして?どうして?
なまだらぐずぐずする
手を抜く
ぬげさくまぬけ
ねっぺつば

は行の宮城弁

は行意味
ばっち
ばっつ
末っ子
はなぐらいびき
はやはやあわてること
落ち着きがなくせっかちな様子
はらくっぢいお腹がきつい
はらっぴり下痢
ほんでなすバカ

ま行の宮城弁

ま行意味
またございんまた来てください
まつぽい
まつっぽい
まぶしい
まなぐ
まなご
めぐさいみっともない
ブス
めくせ見た目が悪い
カッコ悪い
恥ずかしい
みっともない
めんこいかわいい
めんこめんこする頭をなでる

やらわ、その他行の宮城弁

やらわ、その他行意味
やくてもない役に立たない
つまらない
やげ火傷
やっこいやわらかい
やんだいやです
やんだくなる嫌になる
ゆぷて
ゆぷてぁ
煙たい
んだそうだ
んだっすそうです
んだべがそうかしら
~けろ~してちょうだい
~けらい
~けさい
~してください
~さる~できる
~しなきゃない~しなきゃいけない
~ねが?~ないですか?
~わ
~のわ?
~したの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました