山口県の方言丸わかり!山口弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、山口県で日常的に使われている山口弁を紹介します。

スポンサーリンク

山口弁

山口県の方言は、県中心部で使われる「西周防方言」、県東部で使われる「東周防方言」、屋代島(周防大島)及び周辺島嶼で使われる「大島方言」に分かれますが、広い面積とは対称的に言葉の違いは大きくありません。
中でも「西周防方言」が代表的な山口弁とされています。

山口弁は、防長方言、長州方言、防長弁、山口ことば、萩ことばとも呼ばれます。

あ行の山口弁

あ行意味
あずる手こずる
ありますございます
いかい大きい
いぎのどに刺さった魚の小骨
いびつけない
いびしー
かわいそうだ
えずい頭がいい
えどるなぞる
えぶちりとり
えーころはちべーいい加減に
おいでませいらっしゃいませ
おいでなさい
おだん
おはよーごぁんすおはよう
おめでとーありますおめでとう

か行の山口弁

か行意味
かく髪を櫛でとく
かばち口達者な人
かぶる噛む
刺す
がんぜき熊手
きっぽ傷跡
きなる気取る
きびる結ぶ
束ねる
きゃしゃげな汚い
くずぬくしゃがむ
けつる蹴る
つまづく
こつる咳をする
こらえてーや勘弁してよ
ごんごんちー妖怪
幽霊

さ行の山口弁

さ行意味
さしくる都合をつける
さでこむかき集める
さでしてる放り捨てる
さんしのみっついちにのさん
しあわせますありがとうございます
しかぶる大小便をもらす
しわいしつこい
じらわがまま
しゃんしゃんしっかり
シャキッと
じょーにたくさん
しろしーやかましい
せんない辛い
面倒くさい
せんみつ嘘つき
そーそーするあちこちで歩く

た行の山口弁

た行意味
だいしょ多少
たける叫ぶ
だだんだー乱雑
むちゃくちゃ
だめっちゃだめだってば!
ちゃりこいすばしこい
ちんぐー友達
つくだる疲れ果てる
つくなむしゃがむ
つっぺ引き分け

な行の山口弁

な行意味
にくじ悪口
ぬくめる温める
ねき

は行の山口弁

は行意味
はしかい気が短い
歯がゆい
はばいい
ばばやい
ばばい
まぶしい
はぶてるすねる
ひやい冷たい
ひゃっかんもみあげ
びんぶく肩車
ぶちとても
ほうとくないきたならしい
不潔

ま行の山口弁

ま行意味
まがるさわる
まっついそっくり
まめ元気
みしゃげる割れる

やらわ行の山口弁

やらわ行意味
やおいやわらかい
やさしい
弱い
やんばん金持ち

コメント

タイトルとURLをコピーしました