今さら聞けないふるさと納税!お得になるポイントとすべきこととは

お金&暮らし
あいどん君
あいどん君

ふるさと納税ってお得とは聞きますけど、何がお得なんですか?

あいのー先生
あいのー先生

お、ふるさと納税かい?
これは本当にお得な制度だから、君も使ったほうがいいよ。

ふるさと納税ってよく聞くけど、どんな制度なの?何がお得なの?
そんな今さら聞けないふるさと納税の疑問をサクっと解決!

今回は、ふるさと納税のお得なポイントを紹介します。

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

ふるさと納税は、地方自治体への寄付金のことです。
寄付することで地域を応援することができます。

ふるさと納税には以下のメリットがあります。

寄付することで応援するとお礼品が貰える

お米やお肉など、地域の特産品をお礼品として用意している地域があり、寄付することで貰う事ができます。
自分の出身の地域に限らす、好きな地域、複数の地域に寄付をすることができるので、色々なお礼品を貰う事ができます。

さらに、寄付金の使い道を指定できる自治体もあるので、地域貢献に直接関われます。

確定申告で税金還付・控除

寄付した金額は、その年の所得税と翌年度の個人住民税から還付・控除されます。
控除上限額以内であれば、自己負担は実質2,000円で済みます。

自分の控除上限額がわからない方は、控除上限額シミュレーションを使ってみるとよいでしょう。

控除上限額シミュレーション
※より正確な数字が知りたい場合は税理士や所轄の税務署にご確認ください。

12月末までに行った寄付が、今年の所得税還付、翌年度の個人住民税控除の対象になります。

\人気の返礼品をチェック!/

ふるさと納税の申し込み手順

  1. お礼品を選んで寄付を申し込みます。
  2. お礼品を受け取ります。
  3. 自治体から書類が届いたら、寄付金の控除手続きをします。

寄付金の控除とは

ふるさと納税の寄付金は税金の控除対象となるため、「確定申告」または「ワンストップ特例制度」いずれかの手続きをすることにより、最終的な実質自己負担額を2,000円に抑えることができます。

納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、「特定寄付金」を支出した場合には、所得控除を受けることができます。これを寄付金控除といいます。

所得控除を受けることで、その年の所得税額が軽減されます。

しかし、寄付金控除は、原則として自分で申告しないと控除を受けることができません。
そのため、所得控除を受けるために確定申告を行う必要があります。

2015年4月からの「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の新設により、給与所得者であるサラリーマンなどの方は「ワンストップ特例制度」を利用する場合、ふるさと納税を行った分の確定申告をせず、寄付金控除相当額について住民税から税額控除を受けることができます。

確定申告が所得税・住民税を還付・控除する手続きであるのに対し、ワンストップ特例制度では住民税のみが控除対象となります。

基本的にはどちらの方法を選んだとしても、全体的な還付・控除額に差が生じることはありません。

\人気の返礼品をチェック!/

まとめ

ふるさと納税は、控除上限額内であれば、自己負担額が2,000円で済む非常にお得な制度です。
寄付を通じて、地域の人を応援して、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知ることができます。

寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した方も嬉しい、関わるすべての方が幸せになる制度がふるさと納税です。

今さら聞けないふるさと納税!お得になるポイントとすべきこととは

コメント

タイトルとURLをコピーしました