水を沸騰させるとよくない?再沸騰させると毒性が増すって本当?

グルメ

電気ケトルは便利なのでよく使う人も多いと思います。
すぐにお湯が沸くし、湧いたら自動で止まるし便利ですよね。

カップラーメンを作る時などに沸かしたりしますが、お湯がケトルの中に余ったりしますよね。
そのお湯が一度冷めてから、そのまま再度沸かして使ってたりしませんか?

実は水の再沸騰はやめたほうがいいって知ってました?

今回は、水を沸騰すると何が起こるのかを紹介します。

スポンサーリンク

水道水を沸騰させるとどうなるか

水道水を1度沸騰させるとどうなるか。

水道水には雑菌を殺菌するための塩素が含まれています。
塩素は、沸騰させることで気化してなくなってしまいます。

沸騰したお湯をそのままにしておくと、塩素が抜けた状態なので雑菌が繁殖しやすくなっています。
雑菌は30~40℃で繁殖しやすいので、一度冷めてしまったお湯を使う時は、中身を入れて変えてから改めて沸かすのがよいでしょう。

水を2回以上沸騰させると毒素が増す?

水を2回以上沸騰させると毒素が増すという話をきいたことはないでしょうか。

水を何度も沸騰させると、酸素の構造が変化してヒ素やフッ化物、硝酸塩などの毒性物質が発生すると言われています。

結論からいうと、これはデマです。
水からヒ素や硝酸塩などの元から入っていない毒素が発生することはありません。

浄水器やウォーターサーバーを売りたい悪質なメーカーやアフィリエイトサイトなどでは、水には毒素があるので浄水器を使いましょう、みたいな煽り文句を見かけますが、日本の水はちゃんと殺菌されて安全に飲めるようになっています。

水道水には塩素が含まれているので、塩素の匂いなどがどうしても気になる方は浄水器やウォーターサーバーの利用をおすすめします。

また、塩素ではなく、水道管の老朽化などで発生した鉄の臭いや、カビ臭さなどがある家庭などでは浄水器等は使用した方が快適に水が飲めるでしょう。

まとめ

水の再沸騰で毒素が増すということはありませんが、一度沸騰させた水は塩素が抜けて雑菌が繁殖しやすくなっているので、ケトルなどで使用する場合は、都度水を入れ替えて使用するのがよいでしょう。

また日本の水道水は安全ではありますが、錆びた鍋などを使用して水を沸騰させると鍋の金属成分が溶けだしたりする可能性もあります。水が安全だからといって、他のものをおろそかにしていると危険かもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました