岡山県の方言丸わかり!岡山弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、岡山県で日常的に使われている岡山弁を紹介します。

スポンサーリンク

岡山弁

岡山県の方言は備前弁、備中弁、美作弁に分けられます。
備前弁は岡山市、倉敷市を中心とする東南部、備中弁は総社市、高梁市を中心とする西部、美作弁は津山市などの北部で使われています。

あ行の岡山弁

あ行意味
あしたり明日
あずるもがく
動き回る
あまる腐る
あんごー馬鹿
いがる大きな声で泣き叫ぶ
いく起こる
発生する
いくまー行かないだろう
行かないでおこう
いらまかすからかう
いろーさわる
いじる
うがす剥がす
うったて最初
手始め
えれーしんどい
えろーとても
おえんだめだ
おおあんごうばか
アホ
おどりゃーおまえ
おらぶ大きな声で叫ぶ

か行の岡山弁

か行意味
かさにのせる傘に入れる
かなぐるひっかく
がっそー髪がぼさぼさ
きてじゃいらっしゃる
きょーてー恐ろしい
ぎょーさんたくさん
ぐしーゆるい
けっぱんずくつまずく
けなりーうらやましい
こがーなこんな
このような

さ行の岡山弁

さ行意味
さばるしがみつく
しねーしなさい
じりー水気が多く柔らかい
すける乗せる
すばろーしー憂鬱な
不機嫌な
すらーするよ
せられーしなさい
せわーねー大丈夫だ
心配ない
そねーなそのような

た行の岡山弁

た行意味
たいぎいおっくう
たててーて立てておいて
たてり規則
たびょー食べるだろう
ちばけるふざける
ちょれー頼りない
ちーたー少しは
つかーせーください
でーれーすごく
とても
とらげる片付ける
どーすりゃーどうすればいいのか

な行の岡山弁

な行意味
なんしょん?何しているの?
なんならなあんだ
にがる腹が痛む
のりょーる乗りそうになる
乗っている
のーなる無くなる

は行の岡山弁

は行意味
はしるピリピリ痛む
ひょんなげな変な
奇妙な
ふーがわりーみっともない
ほかる火照る
ぼっけーすごく
とても

ま行の岡山弁

ま行意味
まけるこぼれる
まん
みてるなくなる
尽きる
めげる壊れる
めばちこものもらい
もっとでもう少しで
もんげーすごい
ものすごい
とても

やらわ行の岡山弁

やらわ行意味
やっちもねーつまらない
ばかばかしい
やりますらーやりますよ
ゆーにゆっくりと
よだつ気が進まない
よーけたくさん
よーせんとてもできない
わやむちゃくちゃ
めちゃくちゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました