佐賀県の方言丸わかり!佐賀弁(博多弁)講座

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、佐賀県で日常的に使われている佐賀弁を紹介します。

佐賀弁

佐賀県の方言は、南部の旧佐賀藩域(佐賀地区方言)、北部の旧唐津藩域(唐津地区方言)、東部の旧対馬藩域(田代地区方言)の3つに大きく分けられます。

スポンサーリンク

あ行の佐賀弁

あ行意味
あさんあなた
あばかん入りきれない
あゆっ落ちる
降る
うーいってんぎゃーあたり一面
うーか多い
うーかじぇ台風
うーしかつ
うーばんぎゃーか
大雑把
うっかんがす壊す
だめにする
えすか怖い
恐ろしい
おがまんばとーせんカマキリ
おらぶ叫ぶ
おろよか良くない

か行の佐賀弁

か行意味
~かんた~ですか
がばいとても
ものすごく
すごい
がまだす精を出して働く
きたんぼらつか汚い
きゃーふかぶい引っ込み思案
意気地なし
~ぎ~ならば
ぎゃーけ風邪
病気
ぐぜっむずがる
こざにっか小面憎い
ごちゃー背中
ごっかぶいゴキブリ
ごっくーさん神仏に供える飯
ごっといずっと
スポンサーリンク

さ行の佐賀弁

さ行意味
さばくっ仕事が捗る
さろく歩き回る
しぎーのする足や手がしびれているさま
しぇからしかうるさい
しっきゃー全部
しゃれぼーおしゃれ
~しゃーが~さえ
しゅーとがが
しれーっとにっこりと
すらごつ
ずんだるっずり下がる
せつなか窮屈だ
せらかしかしつこい
めんどくさい
うるさい
そいぎーそれじゃあ
そんきー切り杭
ぞーたんのごと冗談じゃない
ぞーんわく腹が立つ

た行の佐賀弁

た行意味
たぎる沸騰する
たまがる驚く
だんだんいつも
ちかっと少し
ちゃんぎりみゃー忙しいさま
ちゃーぎゃーとても
ちーはしるつい行ってしまう
ぢごはらわた
つーかさぶた
つーつらつーすらすらと
さっそうと
でけんダメだ
とぜんなか退屈
つまらない
ととしか不器用
~とん~が(接続詞)
どっぺすっ腹いっぱいになる
どーどーどーで盛んなさま

な行の佐賀弁

な行意味
なんなんすっ背負う
おんぶする
ぬらーぬらゆっくり
ねまる腐る
のーぶぞか横着な

は行の佐賀弁

は行意味
ばさらかたくさん
ひだるかひもじい
ひやか寒い
ふーけもん馬鹿者

ま行の佐賀弁

ま行意味
みたんなかみっともない
むぞーかかわいい
もいとうんと

やらわ行の佐賀弁

やらわ行意味
やぐらしかうっとうしい
やーまち怪我
ゆっつらゆーっとゆっくり、ゆっくりと
ゆんにゅたくさん
よそわしか汚い
よめくさん
よめご
お嫁さん
わりお前
わんわんわんで頭の悪いさま

スポンサーリンク