京都府の方言丸わかり!京都弁(京言葉)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、京都府で日常的に使われている京都弁(京言葉)を紹介します。

スポンサーリンク

京都弁(京言葉)

京都府で使われる方言は、京都弁・京言葉・京都語などと呼ばれています。
近畿方言の一種で、大阪弁とともにその中核をなしています。

京都弁は江戸時代中期ま日本の中央語(事実上の標準語)とされていました。
そのため現在も京都では自分達の言葉に強い自負心があり、京都弁は「方言」ではなく、共通語とは「単に異なっているというだけ」と認識しています。

京都弁には「優雅で女性的」というイメージがあり、「方言がかわいい都道府県ランキング」ではたびたび上位を獲得しています。

あ行の京都弁(京言葉)

あ行意味
あがる北へ行く
あかんいけない
役に立たない
あこあそこ
あったこ暖かく
あて
あないしてあのようにして
あらへんない
あんじょーよく
うまく
上手に
いけずいじわる
いにしな帰りがけ
いぬ帰る
いらち落ち着きがない人
うつらはる似合われる
えーにょーぼーいい女
美人
えげつないひどい
あくどく
おいでやすいらっしゃい
おいどおしり
おいないいらっしゃいよ
おおきにありがとう
おきばりやすがんばりなさい
おはようさんどすぅおはようございます
おべんちゃらお世辞
おやかまっさんお邪魔しました

か行の京都弁(京言葉)

か行意味
かど家の外
かなんな無理
かんにん許してください
かんにんえごめんね
許してね
きずいわがまま
きばる頑張る
きやわるい
きゃーりい
気持ちが悪い
けったいなもん変な
おかしな
ごきげんさんどすごきげんいかが?
ごめんやすごめんください

さ行の京都弁(京言葉)

さ行意味
さがる南へ行く
さよですかそうですか
すこいずるい

た行の京都弁(京言葉)

た行意味
だいじおへん差し支えない
だわすけ怠け者
ちょちょこばるかがむ
でぼちん
おでこ
てんご悪ふざけ
どないどんな
どのように

な行の京都弁(京言葉)

な行意味
なんぎ困った
苦労する
なんぞおしたんかなにがあったのですか
なんぼいくら?
ぬくいあたたかい
ねーもきかんと値段も聞かずに
ねぶるなめる

は行の京都弁(京言葉)

は行意味
はばかりさんおつかれさまでした
はんなり華やかな様子
べんちゃらお世辞
ほなそれじゃあ
ほんまほんとう
ほんまに?ほんとうに?

ま行の京都弁(京言葉)

ま行意味
まどす弁償する
まむしうなぎの蒲焼
みとぉみやす御覧なさいませ
むしやしない軽食
めっそもないとんでもない
どういたしまして

やらわ行の京都弁(京言葉)

やらわ行意味
やくたいな無茶な
迷惑な
やすけない品がない
やどかい引っ越し
ややこ赤ん坊
よぉいわいんわ何を言っているの!
よばれるごちそうになる

コメント

タイトルとURLをコピーしました