茨城県の方言丸わかり!茨城弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、茨城県で日常的に使われている茨城弁を紹介します。

スポンサーリンク

茨城弁

茨城弁は、栃木弁とともに東関東方言に分類されます。

東北方言や東京方言(江戸言葉)との共通も多いのが特徴です。
東北地方南部の福島県や、同じく北関東の隣県である栃木県の方言に近く、東北地方から伝わってきた方言です。

あ行の茨城弁

あ行意味
あっぱとっぱあわてる
あおなじみ青あざ
あなめど
あんめないでしょう
いがっぺいいでしょう
いぎあう出会う
いげー大きい
いしこいびみょう
いじやけるむかつく
いっちくだっちく互い違い
いんねいらない
いんべ行こう
うすっとぼけるしらんぷりする
うぢげ私の家
うっちゃる放っておく
捨てる
えがい大きい
えしけーよくない
つまらない
えまっともっと
おしゃらくおしゃれ
おつよみそしる
おっぺす押す
おばんかたですおつかれさまでした

か行の茨城弁

か行意味
かっちゃくひっかく
かんますかきまぜる
きれーだ嫌いだ
けんなるえうらやましい
こじゃっぺ
ごじゃはげ
ごじゃぶろ
ごちゃっぺ
でたらめ
ろくでなし
こわい
こわっちー
硬い
こわえ疲れた

さ行の茨城弁

さ行意味
さむしーさびしい
じっじおじいさん
しみじみ真剣に
しんねっぷりしらんぷり
ずるえずるい
ぞんき愛情が薄い
思いやりがない
不愛想

た行の茨城弁

た行意味
だいじ大丈夫
ちぐつき嘘つき
でれバカ
とっぽい不良っぽい

な行の茨城弁

な行意味
ねつい熱心な
のっこす追い越す
のっこのっこ暖かい

は行の茨城弁

は行意味
はつかしえ恥ずかしい
はっこ早く来い
ばっぱおばあさん
はらくぢーお腹がきついー
ひゃっこえ冷たい
ひゃっこひゃっこ寒い
冷たい
ほんこほんと?

ま行の茨城弁

ま行意味
みんならみなさん
むぎもなくとてつもなく
もさいカッコ悪い
ダサい

やらわ行の茨城弁

やらわ行意味
よばれるごちそうになる
らいさまかみなり
ろっこく国道六号線

コメント

タイトルとURLをコピーしました