岐阜県の方言丸わかり!岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、岐阜県で日常的に使われている岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)を紹介します。

スポンサーリンク

岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

岐阜弁は、大きく分けて「飛騨弁」と「美濃弁」に別れています。
「飛騨弁」は岐阜北部の飛騨・高山などで、「美濃弁」は岐阜南部、美濃地方で話される方言です。

あ行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

あ行意味
あじない不味い
あば
あばあば
さようなら
バイバイ
いげる
えげる
飽きる
いざえる動かす
えらい疲れた
おーじょーする困る
おそがいおそろしい
怖い

か行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

か行意味
かすこく生意気
がばり画鋲
かみいさ美容室
くろにえ青あざ
けった
けったましーん
自転車
げばいとるふさわしくない
こわす両替する

さ行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

さ行意味
さぶぼろ鳥肌

た行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

た行意味
だしかんダメだ
だだくさ適当な
たんちん馬鹿
ちんちんものすごく熱い
つけるよそう
つめてぁー冷たい
てきない
ちきない
ちきねー
疲れた
具合が悪い
どべビリ

な行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

な行意味
なぶるさわる
なまか怠け者
ねぶたい眠たい
ねぶるなめる

は行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

は行意味
ぱかぱかする点滅する
はしかいすばしこくてずる賢い
ひずがない元気がない

ま行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

ま行意味
まっかしけ真っ赤
まっさおけ真っ青
ももた
ももたんぼ
ふともも

やらわ行の岐阜弁(飛騨弁・美濃弁)

やわら行意味
やっとかめお久しぶり
やらしい恥ずかしい

コメント

タイトルとURLをコピーしました