富山県の方言丸わかり!富山弁講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、富山県で日常的に使われている富山弁を紹介します。

スポンサーリンク

富山弁

富山弁は富山県で使われている方言です。旧国名から越中方言とも呼ばれます。
富山弁は大きく3つに分けられ、県の中央を走る呉羽丘陵を境に、東を呉東方言、西を呉西方言、呉西の南部にある五箇山方言の3つに分けられます。

あ行の富山弁

あ行意味
あいそむない愛想がない
あねまお姉さん
あのっさんあの方
ありがたくなる眠くなる
うとうとする
あるいたらく歩き回る
あんにゃお兄さん
いくそる
いきそる
驚く
ビックリする
いじくらしい
いじっかしい
うるさい
わずらわしい
はがゆい
いとしい可愛い
うい
おうい
苦しい
しんどい
うしなかす無くす
おじぽん
おっじゃ
次男

か行の富山弁

か行意味
~がけ?~ですか?
~なのですか?
かたいもんお利口さん
かたがっとる傾いている
かちゃかちゃぐちゃぐちゃ
がんぴ模造紙
きときと新鮮
きのどくな申し訳ない
すみません
ありがとう
くどく愚痴を言う
くる行く
こーしゃ器用なこと
こーりゃくお手伝い
ござんすございます
こられ来てくださいよ
おいでよ

さ行の富山弁

さ行意味
しょわしない落ち着きがない
ぜんをこわす両替する
そくさいけ?元気だった?

た行の富山弁

た行意味
だいてやるおごってあげる
たちわるいずるい
だやい
だえー
だやーい
だるい
疲れる
だらバカ
だんこちんこ互い違い
だんぼこつくおぼれる
ちぶたい冷たい
ちゃべおしゃべり
ちょこがしいくすぐったい
ちんちんかく座る
つかえんかまわない
大丈夫
つまんこくじ引き
でかいとたくさん
どうすりゃいいがけ?どうしたらいいですか?

な行の富山弁

な行意味
なーんいいえ
いやいや
なんでながけ?なぜですか?
ねぐさい腐ったようなにおい
腐りかけの状態

は行の富山弁

は行意味
はがやしいもどかしい
はしかい賢い
ばやく
わやく
散らかっている

ま行の富山弁

ま行意味
まいどはやどうもこんにちは
まめなけぇ元気だった?
めもらいものもらい
もくしょな
もくしょげな
乱暴な
荒々しい
もったいぶる気取る

やらわ行の富山弁

やらわ行意味
よわる困る

コメント

タイトルとURLをコピーしました