家賃が安いところに住むメリットデメリット!

お金&暮らし

「家賃が高い家に住んでモテたい!!」
「高層マンションから人間どもを見下ろしたい!」


そんな考えを持っている方、あなたは今幸せですか?

家賃は手取りの1/3なんていう言葉もありますが、考えてみてください。
手取り20万、家賃6万だと、あと14万円しか残りません。
ここから高熱費や携帯代や食費代など色々引くと残るのはせいぜい5万円くらいです。

5万円を1年間貯金したら60万円。
まぁ手取り20万円でこれだけ貯金できたら大したものです。

しかし、家賃を2万円さげて、毎月7万円貯金できるとどうでしょうか。
年間にして84万円の貯金ができるので、24万円も多く別のことに使うことができます。

24万円あれば何ができるでしょうか。

日々の生活でのちょっとした贅沢、将来のための貯蓄、自己投資など、家賃を下げることでできる事が大幅に増えるのです。

すなわちあなたの可能性が広がるのです。

家なんてものは、生活費を圧迫する金食い虫でしかありません。

家賃が安い家に住むことで、生活が充実し、より幸せな人生を送ることができると断言します。

今回は家賃を安くすることのメリット、デメリットを紹介します。

スポンサーリンク

メリット

生活費を下げることができる

家賃を下げることの最大のメリットは、生活費を下げる事ができるです。

家賃を下げるメリットはこれが、全てといってもいいでしょう。

家賃を1万円下げると、年間12万円。
家賃を2万円下げると、年間24万円。
家賃を3万円下げると、年間36万円。

これだけの差が生まれてきます。

やれ、金がない。時間がないなどと言っている方は、すぐにでも家賃を下げるべきです。
家賃を下げるだけで、お金も時間も生まれます。

無駄な出費が減る

家賃が安いと、部屋が狭かったり、築年数が経過してたりするものです。

部屋が狭い、築年数が経過しているとどうなるか。
無駄な出費が減ります。

余計な物が置けない狭さ、他人を家に呼びたくない外観。
そう、必然的に部屋を着飾る必要がなくなるのです。

やれ、ソファーを置いたり、観葉植物を置いたり、間接照明を置いてみたり。
そこに幸せを感じるのであればいいのですが、見栄でやってるのであればすぐにやめましょう。

お金の無駄です。
そして、そんなものを買おうか悩んでいる時間も無駄です。

無駄な出費は減らして自分のためにお金を使うようにしましょう。

デメリット

ではお金と引き換えに何を失ってしまうのでしょうか。
安い賃貸に住むデメリットを紹介します。

部屋が狭い

大体が1Rや1Kの6畳程度の物件になるでしょう。
とはいえ、6畳もあれば一人暮らしする分には十分です。

東京などでは4畳とかさらに狭い物件もあるかもれませんが、狭すぎる物件の場合は立地も考えたほうがいいかもしれません。中心地から離れるほど安くていい物件が見つかりますよ。

お風呂とトイレが一緒

お風呂とトイレが一緒(ユニットバス)になっている場合が多いです。独立洗面台なんてもちろんありません。

オートロックじゃない

安い賃貸はオートロック機能が付いていません。

いまどきオートロックじゃないなんて、危なすぎる。
なんて思う人もいるかもしれませんが、正直オートロックはあまり意味がありません。

中の人がでてくるタイミングなどで、誰でも入ってくることはできますしね。
気休め程度の設備です。

壁が薄い

安い賃貸は、隣の部屋との壁が薄い場合があります。
夜中にお隣さんの声が聞こえてきたらちょっとイライラしてしまうかも?

気になって寝れないくらい神経質な人は、耳栓をすることをおすすめします。

駅まで遠い

安い賃貸にありがちなのが、駅から徒歩20分など、結構遠くに位置している場合があります。
出勤などで電車を使う場合などは不便になります。
バスや自家用車を使う人ならそこまで気にならないかもしれません。

デメリットが多いように思いますか?

デメリットの多さに驚愕されたかもしれませんが、実際住んでみるとわかることがあります。

「デメリットはたいしてきにならねーな!」

そう、住めば都とはよくいうもので、人間、大体のことは慣れてしまえば何も不満なく過ごせるものです。

なんなら、デメリットであげた部分ですらメリットに感じられるようになります。

例えば、「お風呂とトイレが一緒」なのは、考えようによってはトイレ掃除が非常に簡単に済みますし、「駅から遠い」ことに関しても、運動不足の現代人にはもってこいで強制的に歩けて健康になれてラッキーってなもんです。

デメリットとメリットは紙一重。
そのデメリット、もしかしたらメリットなのかもよ?

まとめ

家賃が安い家に住むことで生活費を下げることができます。

生活レベルをさげることで、今までやることができなかったことにお金を使う事ができます。
家は住むことができればそれで充分です。

家賃が安い家は、狭かったり古かったりしますが、住めば慣れます。

絶対にお風呂とトイレは別がいいだって?
ほんと一回住んでみて。大丈夫だから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました