武田良太の妻や家族・父親は?経歴や学歴(高校)と評判についても

菅氏が首相になり、内閣で様々な動きが出てきました。

その中で総務省に起用された、『武田良太』氏。

菅首相の指示で携帯電話料金の値下げを引き下げを検討するように。というのがニュース等で見ました。

武田良太氏も「諸外国の例を参考に早期実現を目指す。」と語っていました。

私たちからしたら携帯料金が安くなることは嬉しいことなので是非とも早く実現してもらいたいものです。

さらに気になったのが武田良太氏自身のことです。

どんな方なのか知らなかったので調べてみることに!

今回は

『武田良太の妻や家族・父親は?経歴や学歴(高校)と評判についても』

ということで

・武田良太氏の妻や家族・父親は?

・武田良太氏の経歴や学歴(高校)は?

・武田良太氏の評判は?

ということでやっていこうと思います。

スポンサーリンク

武田良太氏の妻や家族・父親は?

武田良太氏の妻、聡子さんは2007年に35歳という若さで亡くなれています

家族について子供の情報は見つかりませんでした。

武田良太氏の父親は武田良行氏で観光開発の社長

母親は武田敦子氏で兄妹(伯父)に衆議院議員の田中六助氏がいます。

武田良太氏の出馬も田中六助氏が関係していたようです。

武田良太氏の妻は35歳という若さで亡くなれていて、現在生きてれば48歳。

今回の武田良太氏の初入閣ということもお喜びになってることでしょう。

亡くなってからの再婚等の情報もないので武田良太氏は現在も再婚はしてないと思われます。

子供についての情報も見つからず、唯一娘さんがいるのではないかと言うくらいです。

情報があり次第追記していきます。

武田良太氏の父親と母親は豊津観光開発の社長をしていたようで、父親は西日本建設工業の社長でもあったようですが政治の世界には関係ないように思えましたが、

母親のお兄さんが衆議院議員の田中六助氏(自民党)だそうです。

田中氏は内閣官房長官、通商産業大臣、自由民主党政務調査官会長、自由民主党幹事長などを歴任した8期当選した大物衆議院議員で、

この地盤を引き継ぐ形で武田良太氏が出馬したとのことです。

武田良太氏の経歴や学歴(高校)は?

スポンサーリンク

武田良太氏の経歴

↓武田良太氏の経歴はこちら

1992年4月 衆議院議員秘書
2003年11月 衆議院議員
2003年11月 新会派「グループ改革」結成
2004年6月 自民党会派入り
2004年7月 自民党入党
2005年8月 自民党離党
2006年12月 自民党復党
2008年8月 防衛大臣政務官
2008年9月 防衛大臣政務官(麻生内閣、再任)
2010年9月 自民党遊説局長
2012年10月 自民党国防部会長
2012年12月 衆議院安全保障委員長
2013年9月 防衛副大臣(第2次安倍内閣)
2014年9月 自民党副幹事長
2016年8月 自民党幹事長特別補佐
2019年9月 国家公安委員長・国土強靱化・防災担当大臣(第4次安倍再改造内閣)
2020年9月 総務大臣(菅内閣)

引用元:jiji.com

早稲田大学出身

大学卒業後に亀井静香衆議院議員の秘書を務め、1993年に衆議院議員総選挙に自民党公認で出馬。

結果は落選。その後2回の落選の後、無所属で出馬した2003年に初当選を果たしました。

当選後から頭角を現し、安倍政権を支える二階俊博幹事長の最側近に!!

将来の二階派後継者と呼ばれるようになりました。

安倍氏の側近といえば麻生太郎氏が思い浮かばれますが、その麻生氏とは同じ福岡では対立関係。

その武田良太氏が今回、初入閣したのには多くの驚きの声が上がったようです。

武田良太氏の高校

武田良太氏は福岡県立小倉高等学校の出身。

通称、倉高(くらこう)

偏差値69で福岡県内でもトップクラスの高校です。

進学校ですが部活動でも県大会などに出場する部があり、文武両道のイメージのある高校だそうです。

卒業生には政治家はもちろん、プロ野球選手や、アナウンサー、ラグビー選手など幅広くいるのがその証拠ですね。

武田良太氏の評判は?

武田良太氏は酒豪で「一緒に飯を食うのが政治」と豪語する、いわば古いタイプの政治家。

義理人情に篤く、お金と人を集めるのが上手な武田良太氏は今の政治界では珍しくなった存在と言われているそうです。

しかし脇が甘く、悪い噂ばかりが立ってしまう政治家でもあるようで勘違いをされてしまうこともあるのだとか。

武田良太氏を潰そうとする人もいるようですね・・・

政治の世界も人間関係が難しそう・・・

しかし初当選に10年もかかった苦労人。全て跳ね除けて菅首相の期待に答えてもらいたいですね。

まとめ

今回は『武田良太の妻や家族・父親は?経歴や学歴(高校)と評判についても』

武田良太氏の妻は35歳と言う若さで亡くなっていました。

家族に関しての情報はあまりなく、娘さんがいるのではないか?と言う程度です。

父親と母親は観光開発の社長で、母親のお兄さん、武田良太氏の伯父に当たる人が大物政治家の田中六助さん。

田中六助さんの地盤を引き継ぐ形で武田良太氏が出馬したようです。

武田良太氏の経歴は早稲田大学を卒業後に亀井静衆議院議員の秘書となり、その後自民党公認で出馬。

当選までに時間がかかったものの、当選後は頭角を現し、安倍政権を支えた二階俊博幹事長の最側近に!

二階派の後継者とも呼ばれるようになりました。

麻生太郎氏と対立関係にありながら今回の初入閣には多くの驚きの声が上がったようです。

高校は福岡県立小倉高等学校。文武両道の進学校を卒業しています。

評判はまだなんとも言えませんが勘違いをされるタイプなのかな?と言う感じです。

菅首相の期待に応え活躍されることを願います。

どんな日本の政治になっていくのかこれからの情報も気になりますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク