高知県の方言丸わかり!高知弁(土佐弁、幡多弁)講座

言葉

日本人は日本語を話すというのは、当たり前の話ですが、日本の中でも地域によって、その土地の言葉「方言」が使われています。

方言なんて、使うのは年寄りばかりで、若い人は使っていないよと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

自分では方言と思っていなくても、日常的に使っている意外な言葉が方言だったりするのです。

例えば、片づけることを「なおす」と言ったり、自転車のことを「ケッタ」と言ったりする地域がありますが、すべて方言です。

一番地域によって言い方が違うのがものもらいではないでしょうか。
めばちこ、めいぼ、めっぱ、おひめさん、おきゃくさん、おともだち、バカなど地域によって様々な言い方があります。

今回は、高知県で日常的に使われている高知弁(土佐弁、幡多弁)を紹介します。

スポンサーリンク

高知弁(土佐弁、幡多弁)

高知県の方言は大きく2つに分けられます。
高知市や土佐市のある東部地域で話される土佐弁、西部地域で話される幡多弁があります。

あ行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

あ行意味
あがいにあのように
いごっそー頑固
意固地
いっつもかっつもいつも
いんげのいいえ
うてる怪我をする
うるさい苦しい
うっとうしい
おかしげな通常と異なる
おっこーな面倒な
大儀な
おまんあんた
おんちゃんおじさん
おんぼおんぶ
おーの感動詞

か行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

か行意味
かざ匂い
かまえる準備する
がいな強い
手荒な
粗暴な
~き~だから
ぎっちりしょっちゅう
たゆむことなく

くるめるしまい込んで片付ける
けんつ先が鋭くとがった状態のもの
けんだから
げに本当に
実に
けんどけれども
こじゃんとひどく
徹底的に
こたーない大したことはない
こーべる気取った態度をする

さ行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

さ行意味
さがしい急だ
さびわけする選り分けて整理する
ざっとした粗末な
乱雑な
ざんじすぐに
またたく間に
しかう柄などをつける
しらった白紙
未使用の紙
しるいぬかるんでいる
ずつないつらい
やるせない
せわがる世話を焼く

た行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

た行意味
たてるたてまえ
原則
たまーるか感嘆詞
たるばー思う存分
ちゃがまる壊れる
だめになる
てがうからかう
とぎ道連れ
仲間

な行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

な行意味
なんちゃーじゃないくだらない
つまらない
ねぜる寝ていて身動きをする
のうがわるい具合いが悪い
調子が悪い
のく抜ける

は行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

は行意味
はぐ剥く
ばぶれる暴れる
ひやい冷たい
寒い
ふてる捨てる
へち見当違いな所
へんしも急いで
ほたくるほったらかしにする
ぼっちりちょうど合う

ま行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

ま行意味
まっことほんとうに
めっそーたいそう
めっせーな素晴らしい
めったしまった
もる摘む

やらわ行の高知弁(土佐弁、幡多弁)

やらわ行意味
~ろー~だろう
わく間引く
わりことしわんぱく

コメント

タイトルとURLをコピーしました