ガス自由化でお得に節約!ガス自由化とは?

お金&暮らし
あいどん君
あいどん君

先生、ガス会社が自由に選べるって聞いたんですが本当ですか?

あいのー先生
あいのー先生

本当だよ。今はガス自由化で、指定のガス会社じゃなくて好きなガス会社を選べるようになっているよ。

あいどん君
あいどん君

(なんか電力自由化の時と同じことを言っているような)
ガス会社を変更するメリットってあるんですか?

あいのー先生
あいのー先生

今よりガス代を安くしたいと考えている人にはおススメだよ。

あいどん君
あいどん君

(やっぱり同じだ・・・)

2016年4月に開始された電力自由化に引き続き、2017年4月には都市ガスの自由化が始まりました。

電力自由化に関しては以下で詳しく説明していますので良ければご覧ください。

電気代と同様に、ガス代も毎月家計を圧迫してくる費用です。
毎月の支出を少しでも減らせば、年間で数万円浮いたなんてことも可能かもしれませんよ。

今回は、ガス自由化により何が変わったか。どんなお得なサービスがあるのかを紹介します。

オール電化だしウチには関係ないと思ってる方も必見の内容です!

スポンサーリンク

ガス自由化とは?

2017年4月より、都市ガスの小売り全面自由化が開始されました。

2017年4月までは都市ガス会社がガスを供給販売していましたが、2017年4月以降は様々な会社がガスの供給・販売ができるようになりました。

ガス自由化によって何が変わったのか。
これまで地域で決められた都市ガス会社としか契約できなかった家庭でも、自由にガス会社を選べるようになりました。

つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、ガスの売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。

ガス会社が増えるということは、会社によって新しいガス管を引いたり、ガスの品質に差がでてくるの?
など疑問があるかと思いますが、ガス管は今までと同じ都市ガス会社のものを使用するため、使う会社によって新しくガス管を引いたり、ガスの品質に差がでたりはしません。

ガスの種類

家庭に届けられるガスには3種類あり、ガスの原料や供給方法がそれぞれ異なります。
2017年4月から自由化されるのは都市ガスで、プロパンガスはそれ以前に自由化されています。

都市ガスの自由化によりすべてのガスで供給する会社を選ぶことができるようになりました。

都市ガス

原料は主に液化天然ガス(LNG)。ガス管を通じて各家庭に供給されるガスのことです。

簡易ガス

原料は主に液化石油ガス(LPガス)。小規模かつ地域限定的な需要(70戸以上)にガス管を通じて供給されるガスのことです。

LPガス(プロパンガス)

原料は主に液化石油ガス(LPガス)。ガスボンベに詰められた状態で各家庭に届けられるガスのことです。

ガス自由化で変わること、変わらないこと

都市ガスを供給する会社を選ぶことができる

従来ご家庭では、地域ごとの都市ガス会社からしか、ガスを買うことができませんでした。

これからは、ご自身でガス会社を選ぶことができるため、例えば電気と同じ会社にしたいや、一番安い会社にしたいなど好きなガス会社を選ぶことが可能になりました。

新しい料金やサービスを利用することができる

それぞれの都市ガス会社や新規参入の会社が用意する料金やサービスを自由に選ぶことができます。
他社との競争が生まれるので、安い料金を提供している所や、付加サービスをつけている所など様々です。

保安点検の実施や緊急時の対応は変わらない

ガス設備の定期保安点検や緊急時の対応は、新規参入の会社を選んでもこれまでどおり提供されます。

新しい会社でも、ガスの品質に影響はない

従来のガス管から供給される都市ガスであれば、会社が違っても品質は変わりません。

よくある質問

ガス会社を変えるには、どうすればいいの?

都市ガス会社間の切替えについては、原則切替えようとする先のガス会社にご連絡ください。
オール電化やLPガスからの切替えの場合は、切替え前のガス会社にも連絡を行う必要があります。

ガス会社を変えると新たにガス管を引かなければならないの?

今ある導管網を使うので新たにガス管を引く必要はありませんし、ガスそのものの品質や信頼性は、どの会社からガスを買っても同じです。
※LPガスからの切替えには、ガス管の敷設等が必要になる場合があります。

契約したガス会社が倒産したらガスの供給は止まるの?

ただちにガスの供給が止まることはありません。 ガス会社が倒産・撤退する場合は、契約中のガス会社から事前に連絡があるので、期限内に他のガス会社に切替えれば大丈夫です。
また、最後は導管会社が供給を義務付けられているので、安心してください。

ガス会社はこんなにある!知らないと損してるかも!?

ガス自由化によって好きなガス会社を選べるようになった。
さて、どこのガス会社にしようかな?とお悩みのアナタ。

実は、経済産業省に登録されているガス小売事業者は75社もあるんです(令和2年4月1日時点)

そんな中から選ぶは正直大変ですよね。
ここでは、ユーザーに合ったガス会社を一括で見積もれるサービスを紹介します。

ガス会社の乗り換えで、ガス料金が安くなる!【ガス屋の窓口】

【特徴】
・業界最大級)のガス会社変更実績
・WEB上でプロパンガス料金の診断・一括見積
・最大で年間50,000円以上もガス料金節約
・ガス会社変更後も料金保証サービスで安心

プロパンガス切り替えサービス「enepi(エネピ)」

【特徴】
・簡単3分でガス料金を徹底比較
・無料一括見積り
・厳選されたLPガス会社を紹介
・カスタマーサポートによる完全個別対応

J:COMガス

【特徴】
・お申し込みは簡単!切り替え手続き不要!
・電気や通信費などまとめてお支払いですっきり
・品質も安全性もそのままで安心・安全・便利

まとめ

  • ガス自由化により、価格競争や付加サービスが発生。自分に合ったサービスを選択することができる
  • ガス会社により料金サービスは違うが、ガスの供給(品質)に優劣はない
ガス自由化でお得に節約!ガス自由化とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました